イケてる航空総合研究所

ビジネスクラス搭乗記、弾丸旅行のノウハウ、マイルの使い方、貯め方、航空事故の真相などなど。

ホリデイインエクスプレス北京東直門に泊まった。【もしかしたら北京トランジットに使えるかも】

Googleマップは間違っているので

先回お送りした北京トランジットのお話、空港周辺に泊まるならばいっそのことエアポートエクスプレスの終着駅付近で探そうと思い、Googleマップの間違いに気付けず、結果的に立地の悪いホテルに泊まってしまったのは僕のミスだったわけですが、「それでも安いならば…」と泊まる方がいらっしゃるかも知れませんので、写真付きで道案内しますね。

まず住所と正しい場所をお伝えします。

  • 名称:ホリデイインエクスプレス北京東直門(北京東直門智選仮日酒店)
  • 住所(漢字):北京市東城区春秀路1号
  • 住所(英語):No.1 ChunXiu Road,DongCheng District,Beijing,100027

公式HPで使われているGoogleマップは間違っていますので、中国での定番「高徳地図」または「百度地図」を使います。


f:id:flyfromrjgg:20181018195724p:plain

↑正しい場所はこちらです。

あえてGoogleマップに書くと以下になります。

続きを読む

トランジットホテルは空港近くで探すのが便利で安心、という常識を疑ってみる。

トランジットホテルの経験則

僕はどの国に行くとしても、その国(街)をゆっくり楽しむために泊まると言うことは少なく、トランジット(乗り継ぎ)のためだけに泊まるという旅行をしています。泊まるのは空港近辺のトランジットホテル。そのトランジットホテルに関してはこれまで色んな経験(トラブルを含む)をしてきました。まずはこれまで僕が感じてきたトランジットホテルについての経験則を書き出してみたいと思います。

  • 安いホテルは空港から遠い
  • 空港に近いホテルは高い
  • 無料シャトルバスの乗り場がわかりにくい
  • タクシーに乗ろうとしても長蛇の列
  • タクシーの運ちゃんがホテルを知らない

こんな風に書き出したらキリがありません。トランジットをする場合は、空港近くでホテルを探すのが便利で安心というのが常識だと思うんですが、これまでそうしてきて、良いことよりも悪いことの方が圧倒的に多くありました。その常識、本当にそうなのかなぁと思い始めたんです。

今回は北京でのトランジットなのですが、「いっそのこと、エアポートエクスプレスで東直門まで出て、東直門から歩けるホテルに泊まった方がいいんじゃないか?」という考えに至りました。


f:id:flyfromrjgg:20181018195847j:plain

(北京首都空港エアポートエクスプレス)

何故なら電車は乗り場がわかりやすいし、時間が読めるし、明瞭会計だからです。車で15分くらい掛かるトランジットホテルに泊まるよりも、電車で30分の方が絶対に楽だと思ったのです。

ホテルへの無料シャトルバス乗り場が見つからなくて広い空港をウロウロ。結局見つからなくてタクシーに乗ったら今度はボッタくられた、なんて経験をするより、25元を払ってササッと電車に乗った方が早いじゃないですか。

ちなみに過去のトランジットで最悪だった出来事はこれです。↓

続きを読む

中国エアラインのエコノミークラスは本当に酷いのか?【エアチャイナ国内線 大連=北京 搭乗記】

自力発券のエコノミークラス

名古屋(中部)、成田、大連と乗り継いで北京まで行く旅程ですが、ANAのマイルで取れたのは中部→成田→大連まで。大連=北京の区間は特典航空券では取れませんでした。なので、15,000円くらいを支払ってエコノミークラスの片道を買いました。


f:id:flyfromrjgg:20180501203302j:plain

乗るのは大連発14時15分のエアチャイナ8905便。


f:id:flyfromrjgg:20180501203306j:plain

エコノミークラスとあって、いつものように機内を真剣に撮る気合いが出ないので、今回はゆっくり乗り込みます。乗り込んだのはほぼ最後でした。

続きを読む

大連空港で入国して中国国内線に乗り継ぐという方法は便利なのか実験してみた。

大連で中国に入国、国内線へ乗り継ぐ

今回は大連空港で国際線から国内線へと乗り換える方法を紹介します。乗り継ぐ航空会社はANAからエアチャイナ(中国国際航空)。当初は羽田から北京を目指す予定だったんですが、諸事情により名古屋=成田=大連=北京という乗り継ぎになりました。

今回は、大連から入国して中国国内線に乗り継ぐという方法は便利なのかということについて実験してみたので、詳しく解説したいと思います。

とりあえず所要時間まとめ

成田からのANA便の到着は定刻の12時15分。そしてエアチャイナ北京行きの出発時刻は14時15分です。ぴったり2時間の乗り継ぎ時間がありました。

結論から言うと、(国際線での)大連到着から国内線の保安検査場の通過まで約50分掛かりました。大体予想通りの結果でした。

今回の僕のケースでは入国と税関に時間が掛かっています。中国への入国は両手の指紋採取があっていつも非常に時間が掛ります。10人くらいしか並んでいないのに、1人当たり2分くらい掛かるため20分くらい並ぶ羽目になります。しかもその後の税関も時間が掛かります。X線に荷物を通すだけで、本当にチェックしているのどうかわからない検査に長蛇の列。結局、入国+税関に約30分掛かりました。

そして次の便のチェックインをして、保安検査場を通過するまでが20分程度掛かった、という内訳でした。

翻訳コンニャクで国内線ターミナルを探す

何の下調べもしていない状況下の難関は国内線ターミナルへの移動でした。最初ちょっとだけ戸惑いました。到着ゲートを出ても「国内線」の案内板が見つけられないんです。

仕方なく、近くでWi-Fiの貸し出しをしているお姉さんに聞きました。「ドメスティックターミナルはどこですか?」と。しかしここは中国。全く英語が通じないんです。「ドメスティック」が何度言っても通じません。

そこで四次元ポケットから秘密道具を取り出します。

続きを読む

セントレア787ミュージュアム"FLIGHT OF DREAMS"の全て【随時更新中】

オープンを待ち望んでいた

セントレアに新しくできた787ミュージアムこと”FLIGHT OF DREAMS”。2018年10月12日に堂々とオープン致しました。

随分先だと思っていたオープンでしたが本当にすぐでしたね。787の試験初号機(ZA001)がセントレアに寄贈されたのが2016年6月、建屋に移動したのが2017年12月。「787第二の故郷と呼ばれる名古屋に、初号機を飾るミュージアムがあるなんて素敵だな~」なんて思っていたらもうオープンですか。移動から1年足らずでこんなにすごい施設ができるなんて何だかビックリです。そして僕は心からこの日を待ち望んでいました。

お送りするのは内覧会時の様子がほとんどですが、これから787ミュージアムの中を詳しく紹介したいと思います。


f:id:flyfromrjgg:20181006223423j:plain

場所はターミナルビルからは少々離れたところにあります。駐車場への渡り廊下の一番南端まで歩いて行きましょう。


f:id:flyfromrjgg:20181006223425j:plain

ありました!ボーイングハウスカラーの787が迎えてくれます。

続きを読む