イケてる航空総合研究所

ビジネスクラス搭乗記、弾丸旅行のノウハウ、マイルの使い方、貯め方、航空事故の真相などなど。

旅程検索はあれこれ発見の宝庫だ!旅行中も計画中も楽しい乗りヒコ活動のススメ

大韓航空のA380を狙う

A380ビジネスクラス(以上)乗り潰し計画の中で、最も直近に乗ったエアラインは大韓航空。搭乗記はこれから記事にしますが、今回はその前フリとして大韓航空A380に乗るためにプランを練った、まさにその過程を紹介します。色んな思惑が重なり合ったプランニングでした。

大韓航空はスカイチームなのでデルタ航空のマイルで乗ることができます。デルタ航空のマイルを使い、しかも最低のマイル数で乗れる路線を探しました。

あれこれ調べた結果、ありましたありました。この路線です。


f:id:flyfromrjgg:20171209000807p:plain

この画面からはわかりませんが、台北(TPE)=仁川(ICN)に大韓航空のA380が入っています。

ついでに仁川(ICN)=名古屋(NGO)に乗り継いでいますが、これは「台北=仁川」と飛んでも「台北=仁川=中部」と飛んでも同じ30,000マイルだからです。同じマイル数ならばそのまま名古屋まで帰れちゃう方がお得ですよね。


f:id:flyfromrjgg:20171209000823p:plain

1レグ目のTPE(1220)=ICN(1545)のKE692便がA380による運航便です。


f:id:flyfromrjgg:20171213213843j:plain

(大韓航空のA380スケールモデル)



f:id:flyfromrjgg:20171209000832p:plain

2レグ目のICN(1900)=NGO(2050)のKE751はA330による運航便です。

ということで、デルタ航空の30,000マイルを使ったら、大韓航空A380のビジネスクラスに乗る旅が簡単にできちゃいました。

と、結論だけを言ってしまえば簡単なんですが、ここまで色々と紆余曲折がありまして…。

11月なら747-8に乗れた

悔しいことに、この台北=仁川のKE692便、11月ならば747-8に乗れたのです。


f:id:flyfromrjgg:20171209000906p:plain

ほらね。

A380乗り潰し計画とか言っておきながら、実は最初は「747-8に乗れないかなぁ」という気持ちが頭のどこかにありました。でもサラリーマンってやっぱり色々あるじゃないですか。休もうと思っていたのに休めないことなんて普通にありますよね。この747-8狙いで本当は11月に行きたかったですが、どうしても11月は休みが取れず、747-8に乗る夢は破れてしまいました。

でも今考えるとむしろ良かったのかも知れません。下手に747-8に浮気するよりも着実にA380を攻めていく方が僕の夢の実現は早くなるのです。747-8は大韓航空に限った話ではありませんので、別のエアライン、別の機会でもいいわけです。

747-8と787-9に乗るルートを発見

そしてこの旅程を作る過程で気づいたことなんですが、たまたま「香港=福岡」で検索したところ、大韓航空の747-8と787-9の両方の機種に30,000マイルで乗れることを発見したんです。香港=台北=仁川=福岡という3レグ、しかも30,000マイルで大韓航空の最新機種の2つを乗り潰せるんですよ。A380には乗れないですが、この旅程もなかなかすごいですよね。


f:id:flyfromrjgg:20171209000924p:plain

色々とパターンを変えて検索をしていると、時々このようなすごいルートが見付かります。これが特典航空券で乗る際の楽しみの一つです。乗れる乗れないに関わらず、発見した時の喜びって結構大きくないですか?

上記のHKG=TPE=ICN=FUKというルートは、12月には747-8がA380に置き換わり、A380と787-9になりました。それでもすごいルートであることに変わりはないのですが、さすがに勇気がなくて決裁することができませんでした。

だって仁川から福岡に到着するのが20時ちょうどですよ。僕はそこから名古屋(中部)へ乗り継がなければなりません。福岡=中部の最終便は20時40分発です。

国際線ターミナル、国内線ターミナルの場所が滑走路を挟んで向かい合う福岡空港で、国際線から国内線へ40分で乗り継ぐ自信はありませんでした。仁川から福岡への到着が遅れたら一発アウト、税関で別室送りされたらアウト、連絡バスが出発した直後だとアウト。こんなにたくさんのアウト要因があったら躊躇せざるを得ませんよね。

そんな紆余曲折を経て、最終的には無難な「台北=仁川=中部」というルートに落ち着いたというわけです。

いつものことですが、旅程を決めるにも一発で決めることは珍しく、今回の例のようにあれこれ選択肢を出して見比べながら、そして休みを調整しながら決めているわけです。旅程を決めるのに2~3週間くらい費やすのが普通です。結構大変なんですよ。「乗り活」に勤しむ皆さんもきっと同じような苦労をされていますよね。僕だけじゃないことを願いたいです。

ファーストクラスに乗れるか

そんなわけで、今回はデルタ航空の30,000マイルを使って大韓航空A380のビジネスクラスにタダ乗りするわけですが、座席指定画面に行くとこんな表示が現れました。


f:id:flyfromrjgg:20171209000843p:plain

まさかファーストクラスに乗れる?!

たま~にあるんですよね。近距離路線だとファーストクラスの設定がなく、ビジネスクラスの航空券でファーストクラスに乗れてしまうことが…。もしかしたらこの便はそうなのかも知れないと思い、試しに1Aを押してみたら、「選択できません」というようなメッセージが出てきて即終了でした。あわわわわわ…。当たり前のように「利用可」となっていますがこれは「騙し」ですので注意して下さい。

さらに「仁川=中部」のA330にもファーストクラスがあるみたいで、これはさすがにビジネスクラスの設定だろうと、指定しようとしましたがこちらも同じくできませんでした。

「利用可」となっていたら、一瞬期待しちゃうじゃないですかねぇ?期待させといて「指定できません」は残念過ぎます。

計画中も旅行中も楽しい

旅程を作る過程であれこれ出発地、到着地を変えながら検索していると、意外な発見をすることがあります。今回は台北=仁川のA380が目的でしたが、月、曜日によっては747-8が入っていたり、仁川=福岡で787に乗れたりすることがわかるわけです。もう一日余裕があれば、福岡で一泊をして787のビジネスクラスにも乗れたというわけなんですよ。

この「乗りヒコ」活動ってのは、旅行をしているときも楽しいですし、計画をするときも楽しいんですよね。旅行は1日か2日で終わってしまいますが、計画するのは何日でも費やせます。なかなか決まらないと段々疲れてきますが、でも発見できる喜びがあるのでやめられません。

「乗りヒコ」活動、ホント楽しいですなぁ~。


スポンサードリンク



flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com