イケてる航空総合研究所

ビジネスクラス搭乗記、弾丸旅行のノウハウ、マイルの使い方、貯め方、航空事故の真相などなど。

スターフライヤーの名古屋(中部)、北九州=台北線の運航スケジュール(時刻表)がほぼ決まった。

冬スケジュールより名古屋、北九州から台北へ

2018年の冬スケジュール(10月28日開始)から、スターフライヤーが台北線を開設します。


f:id:flyfromrjgg:20180722231014j:plain

北九州、福岡、名古屋(中部)から台北への3路線を開設する、はずでした。しかし今日(7月20日)の発表によると福岡=台北線はキャンセルに。北九州と名古屋からのみ就航するようです。


f:id:flyfromrjgg:20180720222200p:plain

↓こちらが発表のあった資料へのリンクです。

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1611759

福岡空港はこれ以上発着枠が取れないみたいです。確かに、、、混雑していますから。

シートピッチがエコノミー最大に

先日スターフライヤーは、冬スケジュールからの国際線で使用するためにシートピッチを1インチ広くした機材JA25MCを受領したばかり。これまで34インチだったシートピッチが35インチになり、ただでさえ広いスターフライヤーの座席がさらに広くなります。フルサービスキャリアのエコノミークラス標準シートピッチが31インチなので、それよりも4インチ(約10センチ)広くなったことになります。

スポンサードリンク


10センチは有意な差ですよ。35インチというシートピッチはエコノミークラスとしては大手の国際線エコノミークラス(34インチ)を凌ぐ値となり、これまでにないエコノミークラスでの快適性が約束されることでしょう。

ただ、シートピッチが広くなっても座席数は150席と変わっておらず、これはエアバスの「スペースフレックス」を採用しているからです。簡単に言えば、無駄なスペースを省いてキャビンを広くしたというもの。痒いところに手が届くエアバスの細かい芸には頭が下がる思いがしました。

気になるスケジュール(時刻表)

路線発表と同時になんとな~くの時刻表も発表されました。


f:id:flyfromrjgg:20180720222121p:plain

これを見るとセントレア発の便はこれ以上ない「いい時間」ですね。名古屋出発は朝早く、台北発は夜遅くなり滞在時間が一番長くなるパターンです。

ただし、その分北九州はそんなに「いい時間」ではありません。名古屋を中心にダイヤが組まれちゃった印象です。(セントレア着が遅すぎて電車で家に帰れるか不安。)

このスケジュールを見る限り中部→台北→北九州→台北→中部という運用をするようです。JA25MCが1機で朝から晩まで日本と台北を2往復するわけです。(同仕様と思われるJA26MCも登録済/未受領)

名古屋(中部)=台北線は競合の多い路線で、現在でも、JAL、チャイナエア、タイガーエア台湾、キャセイが飛んでいます。以前はANAやエバー航空も飛んでいましたが撤退。Vエアは潰れて撤退しましたね。ジェットスタージャパンもこの前まで飛んでいたのが今調べると飛んでいません。それだけ生存競争の激しい路線なんですよね。

果たしてスターフライヤーがこの競合の多い路線で生き残っていけるのか?僕は確実に勝算があると思っています。何故ならスターフライヤーは、エコノミークラスを見た場合、名古屋(中部)=台北でトップを独走できるはずだからです。シートピッチが広い、テレビ付き、新仕様機材では各席に電源が付いています。またギャレイにはオーブンも装備してホッとミールを提供可能。これ以上のスペックのエコノミークラスが他にありますかね?

あとは値段だと思います。これでタイガーエア台湾を除くフルサービスキャリアよりも安い値段を打ち出せれば確実に勝てると思いますね。今後の運賃発表に期待しましょう!


flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com


スポンサードリンク