イケてる航空総合研究所

ビジネスクラス搭乗記、弾丸旅行のノウハウ、マイルの使い方、貯め方、航空事故の真相などなど。

ソラチカルート入口封鎖!陸マイラーに激震走る。でもルートは確保されていますのでご安心を。

ついに時は来た、史上最大の改悪

当ブログではハピタスというポイントサイトからANAへのマイル移行方法、いわゆる「ソラチカルート」なるものを紹介してきましたわけですけれども、そのソラチカルートの入り口が封鎖されるという発表がなされました。

なんとドットマネー、PeX、Gポイント、ネットマイルから東京メトロポイント(以降、ソラチカと呼ぶ)へのポイント移行のサービスが終了してしまうというのです。いわゆる中継サイトと呼ばれるサイトからの入口封鎖です。最終期限は2018年3月31日。早過ぎる余命宣告に、陸マイラー業界はざわめき立っています。


f:id:flyfromrjgg:20180113215126p:plain

(例:ドットマネーのお知らせページ)


でも、よくよく考えて見ると、こんなに美味しいルートが永く続くわけがないですよね。

だってハピタスでポイントを貯めて、ドットマネー、ソラチカへとポイントを移すだけでポイントの0.9倍がANAのマイルになるんですよ。1か月当たり2万ポイントの移行を1年間続ければ21万6千マイル。そんな大量のマイルがタダで稼げる方がおかしいんです。

僕もこの発表にはかなり衝撃を受けたんですけれども、これまでが大判振る舞い過ぎたんです。それがやっと正常に戻った。落ち着いて見ればそれが自然な考え方かなと思います。

ソラチカルートは変わらず健在

今回の改悪は上記の4つのポイントサイトからソラチカへのポイント移行ができなくなったというだけであり、ソラチカからANAへのポイント移動自体は変わっていません。これからも同じ0.9倍の換算率でANAマイルへ移行させることができます。

ソラチカルートへのメジャーな入口がなくなっただけであり、別の入口からANAにマイルを移すことを考えればいいんです。その方法を今回紹介します。

3月31日までは可能な限りソラチカへ

今は余命宣告を受けた状態です。まだピンピン生きてます。なので、今持っているハピタスポイントをはじめとするその他のポイントサイトのポイントは、できる限りソラチカに移しましょう。一旦ソラチカに移してしまえば、これまで通り1か月当たり2万ポイントを0.9倍でANAに移行させることができます。(ただし、ソラチカからANAへのルートが封鎖される、または交換率が下がる可能性はあります。)

3月31日までは、とにかくやれることだけはやる。そしてその後、新しいソラチカルートに乗せる方法、または完全に別の方法を考えればいいんです。

ハピタスからの新ルートは?

皆さん、気になるのがハピタスからのルートが封鎖されてしまって、今まで貯めたハピタスポイントが無駄になっちゃうんじゃないかってことですよね。

ご安心ください。ハピタスからのルートは確保されています。しかも2ルートも。

LINEルート

このルートを使うと0.81倍でANAのマイルに移行できます。元祖ソラチカルートは0.9倍でしたのでさほど悪くなった印象がありません。

ポイントの移行方法は次の通りです。

f:id:flyfromrjgg:20180112235245p:plain

な、な、長い…。

しかし、恐らくこの方法だけがソラチカへポイントを移せるルートです。だいぶ面倒になりましたね。今までは中継サイトがドットマネーだけだったのが、PeX、VISA、Gpoint、LINEと4つに増えました。

しかも首の皮一枚繋がっただけのルートですので、これからこのLINEルートにポイントが集中するに違いありません。集中した結果、このLINEルートも封鎖される可能性があります。予断を許さない状態です。

今回の改悪を、ANA、東京メトロ、JCBカードのどこが主導しているのかわかりませんが、改悪を考える時点で、上の4ルートのみに絞ったということは、うがった見方をすると交換ルートの網羅性を検証の上「LINEルートはあえて残す」という明確な決断がなされたような気もします。「しまった!LINEルートがあったか!」なんてことはなく、ちゃんとLINEルートも検討の上の決断だったと僕は見ています。

とは言うものの、今後はLINEルートに集中すると思われますので、先ほども述べましたがいずれLINEルートもなくなる可能性はあります。でも「残した」という明確な決断があったとすれば、当面は有効な気がしますね。あくまでも個人的な見解ですが…。

この方法には以下への登録が必要です。

  • ポイントサイト:PeX、Gpoint
  • クレジットカード:何らかのVISAカード
  • スマホアプリ:LINE

(ソラチカカードは持っている前提です。)

具体的な方法については後日、自分で実験をしてからお伝えしたいと思います。

nimoca(ニモカ)ルート

続いて考えられているのが、ソラチカルート以外のルート。


f:id:flyfromrjgg:20180113003409g:plain

このルートと使うと0.7倍でANAのマイルに移行できます。nimocaとは西鉄が発行する交通系カードです。


f:id:flyfromrjgg:20180112235100p:plain

この方法には以下への登録が必要です。

  • ポイントサイト:PeX
  • クレジットカード:ANA VISA nimocaカード

(ANA VISA nimocaカードは以降、ANA nimocaカードと呼びます。)

こちらはソラチカカードがANA nimocaカードに変わっただけで、旧ソラチカルートと同じ中継サイト数です。ドットマネーがPeXに変わっただけです。面倒さから言うと変わりません。と思われますが、最後のマイルにする部分が若干面倒です。九州または函館に出向く必要があります。九州各地または函館にある交換機と呼ばれる端末でしかマイルへの移行ができません。

www.nimoca.jp

この点さえクリアできれば問題ありません。そのうちオンラインで交換できるようになって欲しいものですね。

僕は、このnimocaルートは比較的長く続くルートではないかと勝手に思っています。理由は4つ、

  • ソラチカルートとは無関係である。
  • 換算率が低い。(換算率の高いものが封鎖の標的)
  • 九州または函館に行かないといけない。
  • 最近できたルートである。(陸マイラーの流入を検討済)

どれも完璧な理由にはなっていないですが、今回の騒動とは全く無関係であり、九州に行かないとANAマイルに交換できないという手間も手伝って、陸マイラーが集中しそうにないルートだからです。

このルートは、換算率がLINEルートよりも低いことと九州以外に住む人にとってはハードルが高いと思われるので、万人にとって有利とは言い難いです。でも、ポイント獲得に上限はなく、交換にも上限がないようなので、年に1~2回行く機会を設けることができれば、十分に活用できるルートだと思っています。

僕は名古屋に住んでいますが、九州(福岡)に行くことはむしろ大歓迎。今やLCCで往復1万円くらいで済みますので、むしろポイントを換えに行く楽しみが生まれていいと感じています。換算率こそLINEルートより劣りますが、これからも残りそうな手堅いルートとして個人的にはこちらのnimocaルートをおススメします。

僕は4月以降nimocaルートを使うと思います。LINEルートは非常に面倒ですし、ソラチカルートの亜種ですので封鎖の可能性が拭いきれないからです。

ただ、どちらのルートもちろんまだ机上の空論。それぞれのルートの面倒くささや、残存性はまだまだわからないですから、今の時点ではあまり大きなことは言えません。

ANA nimocaカードはキャンペーン中(4/30まで)

運のいいことに、今、ANA nimocaカードはキャンペーン中です。


f:id:flyfromrjgg:20180112235656p:plain

最大で7,000マイル+1,000ポイントもらえます。それだけもらえれば初年度だけは換算率の低さをちょっとだけカバーできますね。

ANA nimocaカードを作る際にハピタスでポイントは貯まらないのかって?それが貯まらないんですよ。残念!!!他のポイントサイトも探しましたがそのような広告は見当たりませんでした。12月にはやっていた模様。もう少し早く知ればよかったですね。

もしかしたらソラチカルート入口封鎖に伴い、カード発行の増加が期待できると考え、ハピタスでも広告が再開されるかも知れませんね。いや、逆かな?あんまり流入されても困るので、もう絶対に広告は出ないかも知れません。

もしハピタスに出てきたら、このルートは確実に長く続くということを意味します。ちょっとだけ待った方がいいかも知れません。

JALに鞍替えも一つの選択肢

これまでANAのマイルにする方法に限って話をしてきましたけれども、この際JALに鞍替えするという選択肢もあり得ます。

ソラチカルートの中継点であるドットマネーからJALへ直接ポイントを移行できます。ただ換算率は0.52と悪いです。ドットマネーの500ポイント(ハピタスでも500ポイント)がJALの260マイルになります。ハピタスの20,000ポイントがJALの10,400マイルになる計算ですね。ANAと比べると随分と損した気分になります。

今回の改悪によってANAとJALの交換率の差が縮まったとは言え、ANAの方がまだマシですので、JALに換える経済的合理性がありませんが、LINEルートは面倒だし、nimocaルートも九州に行かないといけないので割に合わない、でもこれまでハピタスでポイントを貯めてきたから、これからも気軽にマイルに換えたいという人にはJALへの鞍替えは一つの選択肢として十分にアリだと思います。

まとめ

「2018年3月31日まで」という余命宣告を受けてしまった元祖ソラチカルートですけれども、今書いてきたように、換算率が悪くなるだけで、完全に封鎖されたわけではありません。しかもソラチカルートではない新しいルートも開通しました。

最後にまとめると、ハピタスからは、

0.81倍のLINEルート(ソラチカルートの亜種)
0.7倍のnimocaルート(ソラチカルートではない)
・0.52倍のJALへの鞍替え(ドットマネー経由)

という方法があります。手間と旅行スタイルに合わせて選んで下さいね。

改悪の発表があってからブログ記事の執筆まで非常に長く掛かってしまい申し訳ありませんでした。色々調べながらやっていましたので、あっという間に日にち経ってしまいました。まだまだ説明不足のところがあるかも知れませんが、ひとまずこの辺で解説を終わりたいと思います。


スポンサードリンク



flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com