イケてる航空総合研究所

飛行機の乗り方、航空旅行の楽しみ方、マイルの使い方、貯め方、航空事故の真相などなど。

春秋航空がセントレアから大幅撤退!冬ダイヤからは完全撤退なのか???

9月の時刻表を見て焦った

昨日セントレア発の9月の時刻表を見て背筋が凍りました。

え?春秋航空(9C)が全然いない!

と。

9月からセントレア発の春秋航空が大幅減便になっていたんです。東海地方以外に住んでいる方はご存知ないかも知れませんが、春秋航空はセントレアをベースにかなりの路線数を飛ばしていたんですよ。合計9路線、上海、常州、貴陽、ハルビン、合肥、フフホト、寧波、石家荘、銀川と名前も知らないような都市にも飛んでいました。(経由便を含み、全ての路線がデイリーではないため1日9便というわけではない。)


f:id:flyfromrjgg:20170831225559j:plain

春秋航空は春秋航空ジャパンの親会社で、中国初のLCCとして中国を牛耳っているスーパーローコストキャリアです(若干意味不明)。

そんな春秋航空がセントレアから大幅撤退…。最初は信じられませんでした。

f:id:flyfromrjgg:20170831224536p:plain

春秋航空のHPに行って調べると、名古屋からの行き先は、寧波、石家荘、上海しか出てきません。しかも石家荘は9/1まで、そして寧波と上海は10月28日で終了になっています。つまり冬ダイヤ(冬スケ)から、春秋航空は完全に名古屋から撤退してしまうかも知れないんです。

一体どうしたのでしょうか?名古屋(中部)路線の採算が悪いんでしょうか?それとも他の地域に機材をシフトさせるために、採算は悪くないけど名古屋(中部)路線を撤退させるのでしょうか?

それにしてもかなり大胆なやり方。にわかには信じられません。

(10月22日追記ここから)
2017~2018の冬スケでは上海と寧波のみ運航されています。

新ルートを開拓しようと思っていた矢先

実は僕、近々、南京に行こうと思っていたんです。最近、南京大虐殺の本を読みまして、どうしても南京大虐殺博物館に行ってみたくなったんです(相当勇気が要りますが…)。

南京は上海(虹橋)から新幹線で2時間のところにあります。ANAで名古屋(中部)-羽田-虹橋線と乗り継ぐと、虹橋にほぼ12時に到着するので、大体15時頃には南京に着ける計算になります。

しかし名古屋(中部)-常州という春秋航空の便を使うと、常州に11時に到着でき、常州から南京までは新幹線で1時間なので、早くて13時くらいには南京に着ける計算だったんですよ。

日本から南京まで最も早く行ける方法が春秋航空の名古屋(中部)-常州線だということをレポートしたくて、近々常州線に乗ろうと思っていました。

そんなときに大幅な路線撤退。僕の計画が丸つぶれになってしまいました。

まだ上海から行く道は残されていますが、上海から行ってもあまり面白味がありません。

LCCは突然いなくなる

いったいぜんたい、春秋航空はセントレアをどうするつもりなんでしょう???日本の最重要な就航地じゃなかったんでしょうか?

とにかく残念。

LCCは突然、何のアナウンスもなく撤退してしまうんですね。(アナウンスがあったかとは思いますが、声が小さくて全然耳に届いていません。)

(2017年9月1日追記)
春秋航空はセントレアから中国の各地に安く飛べるので、今後も使い続けたいと思っていたんです。特に上海やその周辺へのルートがなくなってしまう(かも知れない)のが残念ですね。まず安く上海まで渡って、そこから大胆にルートを展開しようと考えていた僕には結構な痛手です。

激変する空の世界は油断が出来ません。一生安泰な路線なんてないんですね。

しかし悲しいことばかり言っていては始まりませんので、とりあえず9月からの大幅撤退は受け入れ、冬ダイヤからの完全撤退はないことを祈り、次のゴールデンルート開拓に勤しもうと思います。

セントレアをベースとする航空ブロガーとしても、「常に変化と戦わなければいけない」ということに改めて気づかされた大事件でした。
(追記ここまで)

スポンサードリンク



flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com