イケてる航空総合研究所

ビジネスクラス搭乗記、弾丸旅行のノウハウ、マイルの使い方、貯め方、航空事故の真相などなど。

広州白雲空港から深圳まで快適に行く方法【広州南駅からではなく広州東駅から新幹線に乗れ】

深圳から香港へ高速鉄道が延伸

2018年9月23日、これまで深圳止まりだった高速鉄道が香港へ延伸しました。香港側から見れば、香港からは深圳だけではなく、その先の広州、上海、北京までも高速鉄道で行けることになりました。香港から中国本土へ繋がる高速鉄道の開通ということで、個人的には非常に大きなニュースだと思っています。

という話は今回の話題とは異なるんですが、じゃあ全く違う話かといえばそうでもなく、今回は広州から、正確には広州空港から深圳へ高速鉄道(新幹線)で行く方法を紹介するというものです。

まだ香港まで繋がっていない時代の話なんですが、香港へと繋がるルートにも触れますので、広州から深圳への移動がメインテーマとは言え、広州/深圳から香港へ移動する方の参考にもなるかと思います。

広州から深圳へ新幹線で行くなら2ルート

広州から深圳へ中国新幹線(CRH)で行くには2つのルートがあり、時と場合に応じて使い分けるのが良いでしょう。

こちらが広州の地図。ルートの起点となる駅を示します。重要な起点は広州東駅と広州南駅です。


f:id:flyfromrjgg:20180512221920p:plain

広州から深圳へ行く2つのルートとは次のルートです。ともに中国新幹線と呼ばれるCRH(China Railway High speed)を利用します。

  • 広州東→深圳:最速1時間15分 99.5元
  • 広州南→深圳北(または福田):最速29分(39分) 99.5元(108元) (このルートが香港まで繋がりました。)

これを見る限り、広州南駅から新幹線に乗った方が断然早く深圳に着けます。値段は深圳駅北までなら同じですし…。と言うことで広州南に軍配!と言うのは少し気が早いです。

広州空港からは広州東駅に軍配

広州南駅って遠いんですよね。自分が広州の南の方にいて、広州南駅から深圳を目指すならいいのですが、広州の北の方にいると広州南駅に行くだけでも大変です。今回の旅行で僕は広州白雲空港が起点だったため、広州南駅がはるか南の駅に見えてしまったのでした。

結果を言うと、広州空港から深圳まで行くには、広州東駅を使う方が便利だと思います。実際にも広州東駅から新幹線に乗りました。なぜなら空港から地下鉄に乗って広州南駅に行くのはしんど過ぎると思ったからです。

広州東駅を選べば、新幹線に長く乗る必要がありますが、地下鉄に乗っている時間を少なくすることができます。逆に広州南駅を選べば、新幹線に乗ってしまえば早いですが、地下鉄に長く乗る必要があります。

要するに、「広州南を選ぶか広州東を選ぶか」という問題は「地下鉄に長く乗るか新幹線に長く乗るか」と言う問題なんですよ。

広州空港から広州東駅へは32分

広州空港から広州東駅までどれくらい時間が掛かるのか、ネットで調べると色んな情報が出てきて戸惑いました。ある人は27分と言い、ある人は40分と言っています。他にも1時間掛かるという人もいて、行く前は全く時間が読めず非常に困りました。

なので、その部分の情報をハッキリさせようと実際に乗って計測してきました。広州空港を出たのが13時12分、広州東駅に着いたのが13時44分。所要時間は32分でした。意外と早く着いた印象です。1度きりの計測ですので2~3分の誤差が出るかも知れませんが、大体30分強と思ってもらえればよいと思います。

しかも広州東駅へは空港から地下鉄3号線に乗るだけ。途中、乗り換えがないため非常に便利です。

広州空港から広州南駅へは1時間半

こちらは実測していないのでもしかしたら正確ではないかも知れませんが、ネットで調べると所要時間は1時間半という意見がほぼ100%です。広州東駅のようにバラバラな意見はないので、比較的信用できそうです。ただ、地図で広州東駅との距離感を見る限りもう少し短い気がしますが…。まぁ1時間半と言うことにしておきましょう。

ちなみに空港から広州南駅へは乗り換えが必要です。空港から3号線に乗り、嘉禾望崗駅で2号線に乗り換え終着駅まで行きます。

深圳での到着駅も2つある

広州から深圳まで行く場合、広州には2つ出発駅がありますが、深圳でもどちらの駅から出発するかで到着する駅が違います。難しいですね。


f:id:flyfromrjgg:20180927230029p:plain

こちらが深圳の地図ですが、広州南駅からは深圳北駅または福田駅に到着します。また、広州東駅からは深圳駅に到着します。福田駅と深圳駅は深圳の中心部に近いです。

なお、広州南からの列車は香港西九龍行きとなりました。調べてみると、深圳北駅に停まった後、香港西九龍駅まで直行するものが多いです。福田駅に停まる列車は限られているというのが実情です。福田で降りようと思ったら電車を選ばないと行けません。

というわけで、深圳に行く場合は深圳北駅で降りる必要がありますが、深圳北に着いたところであまりいいことはなく、地下鉄に乗り換えないと深圳の中心には行けません。せっかく新幹線に乗って最速で深圳に着いたのに、また地下鉄に乗り換えるのは非常に時間がもったいないですよね。

ということで、広州から深圳へは2つのルートがあることを紹介しました。広州東駅から出る新幹線は深圳止まり、一方で広州南駅から出る新幹線は深圳北に必ず停まり、福田に停車する列車も一部あり、最終的には香港まで行くということです。

スポンサードリンク


広州白雲空港から広州東駅まで

では、広州白雲空港から広州東駅までのルートを写真付きで紹介します。

空港の地下には地鉄(Metro)の駅があります。


f:id:flyfromrjgg:20180502223607j:plain

広州空港から広州東駅までは7元。画面の駅名をタッチすると料金が表示されるので、切符の購入は非常に簡単です。


f:id:flyfromrjgg:20180502223611j:plain

空港改札では荷物検査があります。恐らく形だけの検査で、中身を見られている人を見たことはありません。


f:id:flyfromrjgg:20180502223615j:plain

体育西路方面のエスカレータを降ります。


f:id:flyfromrjgg:20180502223619j:plain

広州東站(駅)は11番目の駅です。


f:id:flyfromrjgg:20180502223625j:plain

地下鉄の車内。空港からはとても空いていますが、1駅、2駅ですぐに混雑してきます。


f:id:flyfromrjgg:20180502223630j:plain

広州東站(駅)に着きました。広州空港からここまで32分です。

地下鉄を降りて歩く

続いて新幹線の広州東駅を目指します。


f:id:flyfromrjgg:20180502223634j:plain

中国語では「火車」が「電車」を意味します。「広州火車東駅」と書いてある、G、Iの方に歩いて行きましょう。


f:id:flyfromrjgg:20180502223638j:plain

G出口を出ます。


f:id:flyfromrjgg:20180502223641j:plain

するとセキュリティがありました。これは向こう側から地下鉄に乗る人のための入り口のため、地下鉄から出る人が手荷物を通す必要はありません。横からすり抜ければよいです。(必ずしもここに出るとは限りませんのでご注意下さい。)


f:id:flyfromrjgg:20180502223645j:plain

日本にあるような地下街に入りました。


f:id:flyfromrjgg:20180502223649j:plain

右側に「火車東駅」と大きく書いた表示が!素直に真っ直ぐに行きます。


f:id:flyfromrjgg:20180502223656j:plain

おー。駅が見えました。しかし「出口」と書いてあります。近づいて行ったら警察に追い返されました。やはり出口は出口、仕方なく出口に背を向けて、入り口を探しました。


f:id:flyfromrjgg:20180502223700j:plain

探すべきは「広深」の文字。広州と深圳を表します。同じように「広九」と言う文字も見えますが、「広九」は広州と九龍(香港)を結ぶ鉄道。間違えないようにして下さい。(調査が高速鉄道の延伸前でしたので、この先の駅が高速鉄道の駅なのかは不明です。)


f:id:flyfromrjgg:20180502223704j:plain

ファミマの上に「広深」の文字と「CRH和諧号」の文字が見えますね。間違いなくそこだと確信しました。ちなみに「CRH和諧号」が中国新幹線を意味します。


f:id:flyfromrjgg:20180502223709j:plain

広州東駅入口を発見。1号門と書いてあります。


f:id:flyfromrjgg:20180502223712j:plain

セキュリティを通ります。

これでひとまず安心。駅に到着できました。

日本人は有人カウンターへ

中国新幹線(CRH:和諧号)に外国人が乗る場合、自動券売機は使えません。有人カウンターでパスポートを見せる必要があります。自動券売機は中国人だけが持てるIDカードが必要らしいのです。


f:id:flyfromrjgg:20180502223719j:plain

自動券売機は発見できました。が、有人カウンターが近くにはありません。


f:id:flyfromrjgg:20180502223723j:plain

有人カウンターはあちらっぽいです。


f:id:flyfromrjgg:20180502223726j:plain

あった!


f:id:flyfromrjgg:20180502223731j:plain

ここで列車番号を伝えれば新幹線に乗ることができます。意外にもカウンターは空いていました。

僕は事前に旅行サイトCTripで予約を済ませていたため、CTripの予約票とパスポートを見せるだけで乗車券がもらえます。カウンターでは中国語しか通じませんので、事前に予約していった方が無難でしょう。ただ筆談は通じますので、メモに列車番号と行き先、1等、2等の区別を書けばGoShow(予約なし)でも買えると思います。

ちなみにこの時点で14時2分。飛行機到着は12時43分だったので、飛行機が空港に着いた瞬間から1時間20分で広州東駅での乗車券交換に至っています。僕の乗る列車は15時2分発。ちょうど1時間余ってしまいました。でもこれくらいの余裕があった方がよいと思います。個人的には広州空港への到着時刻から最低でも2時間は余裕を見るべきだと思います。


f:id:flyfromrjgg:20180502223738j:plain

発車案内板。C7127が僕の乗る列車です。

中に入るには自動改札機を通すか有人ゲートを通るかですが、自動改札機には中国人しか持てないIDカードが必要なようです。従って外国人は有人ゲートでパスポートを見せて入ることになります。


f:id:flyfromrjgg:20180502223742j:plain

改札を抜けると凄い人。ホームに上がれるのは出発10分前のようでした。14時51分になったら急に人が動き始めました。


f:id:flyfromrjgg:20180502223748j:plain

もみくちゃにされながら歩きます。日本の新幹線の駅ではあり得ない光景ですよね。何故自由にホームに上がれるようにしないのか、中国ならではの事情があるんだと思います。


f:id:flyfromrjgg:20180502223759j:plain

エスカレータに乗ってホームに上がります。

1等車でのちょっと優雅な新幹線の旅

広州東駅から深圳駅へは基本的に1等車と2等車しかありません。ちなみに広州南駅から深圳北駅だとビジネス席というワンランク上の座席が存在します。広州東駅からの車両のグレードは広州南駅からの列車よりも低いです。


f:id:flyfromrjgg:20180502223803j:plain

新幹線先頭車(最後尾)はこんな顔をしています。そんなに速そうじゃありませんね。実質200km/h程度しか出しません。。


f:id:flyfromrjgg:20180502223808j:plain

車両には和諧号の文字が。和諧とは「調和」を表します。


f:id:flyfromrjgg:20180502223811j:plain

車内はこんな風に前向きの席と後ろ向きの席があります。恐らく回転はできません。写真の方向が進行方向です。後ろ向きって好きじゃないですが、座席指定で当たってしまった場合は諦めましょう。


f:id:flyfromrjgg:20180502223818j:plain

自席は一番後ろでした。何だか落ち着きます。シートピッチは飛行機よりも断然広いです。


f:id:flyfromrjgg:20180502223822j:plain

広州東駅を出発しました。車窓には広州の街並みが流れて行きます。


f:id:flyfromrjgg:20180502223826j:plain

約1時間で今度は深圳の街並みが広がります。


f:id:flyfromrjgg:20180502223829j:plain

深圳駅に到着しました。2~3分遅れましたが、中国ではそれくらいは定刻と呼ぶのでしょう。

CRH深圳駅と地下鉄羅湖駅は同じ

到着したら深圳地下鉄の駅を目指します。


f:id:flyfromrjgg:20180502223833j:plain

地鉄のマークに従って歩きましょう。


f:id:flyfromrjgg:20180502223836j:plain

深圳駅は地下鉄羅湖駅と同じ場所(正確には近く)です。ちょうど大阪駅と梅田駅が同じなのと一緒の感覚です。

旅行前、「深圳駅とは一体どこなのか」、「Googleマップでは羅湖駅の近くに出てくるのだが、本当に近いんだろうか」などいろいろな疑問がありましたが、現地に到着してみて「やはり同じ場所だったか」と確信しました。

そういう情報って意外とネットで出てこないんですよ。だから僕がこうやってひたすら写真付きで解説をしているんです。同じ疑問を抱く人が一瞬で疑問を解消してくれたらいいな、と思って書いています。


f:id:flyfromrjgg:20180502223843j:plain

「羅湖」は簡体字で書くと「目の横型+夕」。中国旅行をするには何となくでいいですので、簡体字の知識を持っておくとよいかも知れません。


f:id:flyfromrjgg:20180502223847j:plain

もちろん駅には繁体字だって書いてありますよ。

ということで、広州空港から深圳駅までの行程を写真付きで行き方をお送りしました。何度も言いますが、広州空港からは広州東駅から新幹線に乗るのがよいと思います。地下鉄に乗る区間が30分強と短いのが非常にありがたいです。広州南駅に行くとどうなるのか、今回は体験していないので何とも言えませんが、地下鉄に1時間半乗るのはキツいでしょうね。なるべく快適な列車に長く乗りたいものです。

以上、レポートを終わります。広州、深圳を旅行される方々のお役に立てれば嬉しいです。


スポンサードリンク



flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com