イケてる航空総合研究所

ビジネスクラス搭乗記、弾丸旅行のノウハウ、マイルの使い方、貯め方、航空事故の真相などなど。

シアトル関連記事総まとめ【デルタ航空搭乗記・航空博物館・ボーイング・スタバなど】

シアトルまとめ

今回はシアトル旅行のまとめをお送りします。なかなか連続で書けず、飛び飛びで書いてきましたので、いつ何を書いたのかよくわからない状態になってしまいました。まとめの記事がないと後々自分でも追い切れなくなりますので、シアトル関係の記事を分野別にまとめてみたいと思います。


f:id:flyfromrjgg:20190928233506j:plain

(シアトルKerry Parkにて)

デルタ航空A350搭乗記

シアトルへの往復はデルタ航空を使いました。成田=シアトルと言えばデルタ航空がA350を投入している路線。2019年10月末からA330-900neoで運航されることになりましたが、いずれにしろ最新型機材が投入されている路線です。

続きを読む

デルタ航空A350ビジネスクラス「デルタワン」搭乗記【シアトル=成田DL167便で味わう完全個室シートの悦楽】

念願叶ってビジネスクラス

デルタ航空のA350と言えば、A350の登場と同時に新しく生まれ変わったビジネスクラス、デルタワンが特徴です。扉付き完全個室のビジネスクラスは世界に先駆けて導入したデルタのプレミアム戦略の一つです。

そんなA350のビジネスクラスにマイルでアップグレードするのはなかなか至難の業でして、空席待ちを掛けてもなかなか乗れないんですよね。しかし今回、何故か余裕で空きがあったので、45,000マイルをポンっと支払ってアップグレードしちゃいました。

乗るのはシアトル発成田行きDL167便です。


f:id:flyfromrjgg:20190712140221j:plain

デルタの優先搭乗は結構ゆるいです。日本みたいにダイヤモンド、プラチナその他、一般客のようにガチガチにわかれていなくて、なんとなくスカイプライオリティの客とその他みたいな感じです。このすごい適当な感じ、いいですね。

続きを読む

スタバ本社1階にあるスターバックスリザーブはくつろぎの空間。そしてオリジナルグッズの宝庫です。

スタバ本社に行ってみたかった

先回記事でシアトルにあるスタバの1号店を紹介しまいたが、もうひとつ、シアトルで忘れてはならないのがスタバ本社の存在です。今回は1号店レポートに引き続き、本社レポートをお送りしたいと思います。本社と言っても1階にあるスターバックス・リザーブの紹介なんですが、またそこが超イケてるんですよ!


f:id:flyfromrjgg:20190712022426j:plain

こちらが本社建物。アメリカ国旗がはためく頂上の下にいつもの緑色のお姉さんの顔だけが描かれています。


f:id:flyfromrjgg:20190712022430j:plain

入口にあるStarbuckのロゴ。大きなロゴも素敵ですが、右下に付くCOFFEE COMPANYの文字も本社らしくていいです。

続きを読む

シアトルに行ったら是非訪れたいスターバックス1号店【店員さんの会話力とオリジナルグッズを求めて】

まだまだ現役の1号店

シアトルと言えばスターバックスの発祥地。もちろんシアトルにはスターバックスの1号店があります。今でもちゃんと現役バリバリの店舗として使われています。行く前は博物館的な存在なのかなーと漠然と思っていましたが、ちゃんとした、フツーの、いや特別なスターバックスですよ。


f:id:flyfromrjgg:20190322201330j:plain

こちらです。現在と全然字体が違いますが、STARBUCKと書かれています。シアトルの重要な観光スポットにもなっていることもあり、入口では記念撮影の列が絶えません。

続きを読む

デルタ航空A350プレミアムセレクト搭乗記【日本食が売り切れでもチキンが激うまだったシアトル行き】

世界最強プレエコシート

成田発シアトル行きDL166便。いつものようにデルタ航空A350で行きましょう!過去に一度プミアムセレクトの搭乗記を書いていますので今回は軽めに書きたいと思います。


f:id:flyfromrjgg:20190708141600j:plain

黒縁メガネが印象的なA350。最初、超ダサいと思いましたが、いつしか、可愛く、そして格好良く見えるようになりました。

そしてこちら↓が世界最強のプレエコシートです。

続きを読む
ブログの内容は個人としての発言であり所属する組織・団体とは一切関係がありません。