読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケてる航空総合研究所

飛行機の乗り方、航空旅行の楽しみ方、マイルの使い方、貯め方、航空事故などなど、全部教えます。

ハピタスに紹介されると1,000ポイントがもらえるキャンペーンは4/30までのポイント引き換えが条件です【FXで大損した話付き】

お忘れないですか?

久々にポイントサイト、ハピタスのお話です。以前このブログで紹介した話なんですが、紹介されてハピタスに入会すると1,000ポイントもらえるキャンペーン、ありましたよね?

↓これです。

flyfromrjgg.hatenablog.com

僕のブログからも多くの方々に登録頂いて嬉しい限りです。キャンペーンの申し込みは2017年3月末で終了しておりまして、今さらご登録頂いても無駄なんですが、「1,000ポイントをもらえる条件」を皆さんお忘れないかな?と思いまして記事にした次第です。

1,000ポイントもらえるキャンペーン期間中に登録された方は、紹介されて会員登録するだけではだめです。2017年4月30日までに何か別のポイント交換することが必要です。王道ソラチカルートの第一関門であるドットマネーでも良いですし、Amazonポイントでも構いません。とにかくポイントを貯めただけでは1,000ポイントはゲットできず、交換することが条件となっていますのでご注意下さい。まだ数日ありますので、どうかお忘れなきようお願いします。

続きを読む

ビジネスクラスが1区間9,000マイル!【63,000マイルで飛ぶ東アジア・東南アジア2泊3の弾丸旅行まとめ】

単純往復じゃつまらないから

これまで連載してきた記事をまとめます。この旅行は簡単に言うと、63,000マイルを使ってビジネスクラスに乗りまくる旅行です。

普通の人が特典航空券を使うときに考えるのは、きっと単純往復の旅でしょう。例えば、成田からシンガポールの往復航空券を取りシンガポール観光をするといったように。

しかし僕の場合は違います。目的は、魅力的なビジネスクラス席になるべくたくさん乗ることです。だったら同じシンガポールに行くにもひたすら寄り道していった方がよいということになります。

ANAの特典航空券を利用して東南アジアへビジネスクラスクラスで往復しようとすると63,000マイル必要です。単純往復の旅程だと1区間あたり31,500マイルが必要という計算になります。しかし7区間乗ると1区間あたり9,000マイルで済むんです。飛行機好きの人にとっては、断然後者が魅力的ですよね。1区間9,000マイルでビジネスクラスに乗れるなんて夢みたいです。

続きを読む

京都鉄道博物館に子供連れで行く場合の不安を解消する【愚痴ばかりの博物館ガイド】

2016年度末の3月31日、子供2人を連れて京都鉄道博物館に行ってきました。そりゃぁもうしんどかったってそれ以外の感想はありません。

今回は心配していたことが実際どうだったか、という観点で書きたいと思っています。これから子供連れで京都鉄道博物館に行かれる方の参考になればと思います。幼児(男児)2人を僕だけで連れて行くとなるとまともに写真なんか撮れませんので、スカスカの報告かつ愚痴だらけになってしまうことをご了承下さい。

公共交通機関でアクセスする

京都鉄道博物館のHPを見ると公共交通機関でお越し下さいと書いてあります。小さい子供連れですとダイレクトアクセスできる駐車場が欲しいところですが、駐車場はないです。なので素直に公共交通機関でアクセスして下さい。僕の場合は名古屋から新幹線で京都まで、そして京都駅からは市バスでアクセスしました。

調べると周辺にコインパーキングはあるみたいですね。10分くらい歩いてもよいというのなら、コインパーキングという手もあると思います。他のブログを読んでみても車で来ている人はいるようですので、車でのアクセスは可能です。

京都駅から鉄道博物館まで徒歩というのも可能なようですが、幼児2人を連れての徒歩は恐らく無理だと思います。京都駅からだとかなり距離がありますのでやめた方がいいです。素直にバスに乗りましょう。

続きを読む