イケてる航空総合研究所

飛行機の乗り方、航空旅行の楽しみ方、マイルの使い方、貯め方、航空事故の真相などなど。

エバー航空A330ビジネスクラス搭乗記【1レグ目はソウル(仁川)=台北(桃園)】

久々にエバー航空に乗りたくて

この旅行を計画したのは、「どこでもいいから飛びたい」という意味不明な動機からですが、色々と路線検索をしていくうちに、「エバー航空に乗りたい!」という思いが強くなってきて、いつの間にか「台北経由でうまく繋がるところがないかなぁ」と検索していました。

エバー航空に乗ったのはかれこれ7~8年前。台北経由でパリに行って以来です。当時はセントレアからエバー航空の台北行きが飛んでいたので、すごく便利でした。

現在、エバー航空は成田や関空、福岡など、主要な空港には飛んでいますが、名古屋(中部)には飛んでいません。うんと前にセントレアから撤退してしまったんです。

エバー航空はスターアライアンス加盟航空会社なので、スタアラゴールドの身としては、名古屋から飛んでいてくれれば非常に便利なんですけどね~。台北はソウル並に乗り継ぎが便利な空港ですからね。

そんなこんなで、セントレアに飛んでいないエバー航空に久々に乗ってやる!と、発券期限96時間前にギリギリで見つけたのが、仁川=台北=新千歳というルートでした。一旦南に下がって北に上がるというこの豪華ルートは、日本、韓国、台湾(中国)を含む東アジア地域でエバー航空に乗った場合、最も距離を稼げるルートなんじゃないでしょうか?


f:id:flyfromrjgg:20170928204949j:plain

ということで1レグ目は仁川発のBR149便を選びました。朝7時10分発の早朝便です。でも空港内のトランジットホテルに泊まっているので、5時半起床で十分に間に合いました。

続きを読む

仁川空港の中にあるトランジットホテルに泊まった【便利で快適だけど必要最低限の設備な感じ】

4階のトランジットエリアへ

仁川到着後はTransferの案内を目指してまっしぐら。

セントレアでチェックインしてもらったエバー航空の搭乗券を持って保安検査場を通り抜けたんですが、搭乗券の提示は求められずパスポートを見せただけでした。少なくとも仁川では、乗り継ぎ便の搭乗券の提示は不要なようです。(係員によって対応が異なる可能性もありますので、念のためe-ticketの控えは持っておいた方が良さそうです。)


f:id:flyfromrjgg:20170927225120j:plain

トランジットを終えるとすぐにトランジットホテルの案内が目に留まります。このエスカレータを上ったところが、仁川空港のトランジットエリアです。

続きを読む

アシアナ航空A321ビジネスクラス搭乗記【ちょっと不満が残った名古屋(中部)=ソウル(仁川)】

突然旅行に行きたくなったので

9月下旬のこと、突然飛行機に乗りたくなったので、急遽1泊だけの旅程を作り弾丸旅行をして参りました。例によって今回もANAのマイルを使用。ANAのマイルを使用した国際旅程の場合は、96時間までの発券が必要なので結構大変です。直前だと空席がないことが多く、時間がない中でも何とか頑張って作ったのが以下の旅程です。なるべく多くの区間に乗ることが目標ですが、なかなかうまく行かないのが現実です。

中部-仁川-台北-新千歳-羽田-伊丹

全体として5レグ。96時間前ギリギリに発券してこのルートが作れたならば上出来でしょう。

今回はエバー航空に乗ろうと思い仁川-台北-新千歳という2レグをエバー航空便に割り当てました。従って、まず仁川まで飛ぶ必要があります。忙しいビジネスマンは夕方からしか出られませんので、たまたま空席があったセントレア発夕方の仁川便に飛び込みました。

続きを読む