イケてる航空総合研究所

飛行機の乗り方、航空旅行の楽しみ方、マイルの使い方、貯め方、航空事故の真相などなど。

狭くてうるさくてラウンジEXIT。ラウンジに固執しない生き方。

うるさすぎる北京空港BGSラウンジ

北京から名古屋(中部)まではエティハド航空の787に乗る分けですけれども、乗る前に入ったラウンジが酷いもんでして、今回はその話をさせてもらいます。

エティハド航空が使用できるラウンジはBGSラウンジというところ。エアチャイナラウンジではないんですよね。BGSラウンジはE19ゲートの前に位置するラウンジです。


f:id:flyfromrjgg:20170719151600j:plain

その他、ご覧のエアラインが使用できるみたいです。


f:id:flyfromrjgg:20170719151605j:plain

ラウンジは狭くて混雑しています。しかも日本人だらけ。ビジネス客がほとんどなので必ずと言っていいほど4~5人の集団なんですよ。もう、うるさいのなんのって…。あの書類がどうとか、アイツがどうとか、仕事の話を大声でしています。仕事の話が丸聞こえってのは、あんまり気持ちのいいもんじゃありませんよね。何となく聞いてはいけない話を聞いてしまっている気になります。

時々「中国人がうるさい」とか言ってる日本人がいますけど、日本人だってよっぽどうるさいじゃないですか。人のことなんて言えませんよ。「電車の中のおばちゃんがうるさい」なんてこともありますが、「ラウンジの中のオジサン達も十分にうるさい」です。

続きを読む

エアチャイナ737-800搭乗記(仁川=北京)【世界最狭のビジネスクラスに乗る】

使用機到着遅れと知る

アシアナ航空A350で仁川まで飛んだ後はそのまま惰性で北京まで。Flight Radar24で次の便の到着を確認すると、1時間ディレイが確実でした。ちなみに次に乗るのはエアチャイナの737-800です。


f:id:flyfromrjgg:20170718230123j:plain

出発案内ボードには「DELAY」の表示はありませんでした。こんなとき、やはりFR24って役に立ちますよね。常にFR24は次の便の遅れの状況を見る上で活用しています。

ということで、遅れが確定した時点で、ラウンジで待機することにしました。乗るゲートは100番台。シャトルで行く一つ向こうのターミナルのため、早く行ってもゆっくり待つところがないからです。


f:id:flyfromrjgg:20170718230127j:plain

そろそろかな?と思ったのでラウンジを出ました。一旦下に降りて別のサテライトへとシャトルで向かいます。

続きを読む

JAL機のエンジントラブルの件で受けた質問に答える。【飛行機が片発でも真っ直ぐ飛べる仕組みがわかる!】

先日のJAL機エンジン出火の緊急着陸の記事、たくさんの方に読んで頂きましてありがとうございました。「飛行機は安全な乗り物である」ということを多くの皆さんに伝えることができて本当に嬉しく思います。

さて、記事が拡散される中で、たくさんのコメントや質問を頂きました。ほとんどまともに答えられていませんので、新しい記事を一本立てて解説したいと思います。事故の件はやや旬を過ぎてしまった感はありますが、せっかくなのでこの機会に書いておきたいと思います。純粋に飛行機の仕組みがわかる記事として読んでもらっても結構です。

なぜ片発で真っ直ぐ飛べるのか

この質問、何人かの人がひとりごとのようにつぶやいていました。この質問の答えは「空中」か「地上」かで違います。

まずは「空中」の話からしたいと思います。

エンジンが片発停止すると、飛行機は推力のバランスが崩れて、故障したエンジンの方向に旋回しようとします。それは作動しているエンジンの方が前進するため、前進した右翼の揚力が大きくなるからです。

絵で表すとこんな感じです↓ (絵が下手でスミマセン。)

f:id:flyfromrjgg:20170908233941p:plain

続きを読む