読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケてる航空総合研究所

飛行機の乗り方、航空旅行の楽しみ方、マイルの使い方、貯め方、航空事故などなど、全部教えます。

マリンドエア737⁻800ビジネスクラス搭乗記【香港ークアラルンプール】

マリンドエアってフルサービスキャリアなの?

香港にいます。これからマリンドエアに乗ってクアラルンプールに向かいます。

僕がマリンドエアに飛びついたのは、香港-クアラルンプールのビジネスクラスが2万円だったからです。香港からクアラルンプールまでは3時間くらい。普通にLCCの狭いエコノミークラスでも2万円くらいしそうな路線ですから驚きの価格です。

さすがに2万円という運賃はタイミングが良くないと出てこないものなのかも知れませんが、それでも事実その値段でクアラルンプールまで飛べちゃうんですから凄いですよね。

マリンドエアは一部ではLCCだとする向きもあり、確かに直感的にLCCな感じもします。インドネシアのライオンエアの子会社737を飛ばしていて、機体塗装もLCCっぽいとなれば、やっぱりLCCですよね。

なのでカウンターのオニイサンに聞いてみたんです。「マリンドエアってLCCですか?フルサービスキャリアですか?」と。そしたら「フルサービスキャリアです」と言われました。

オニイサンがどういう定義で言っているかはわかりませんが、マリンドエアのHPを見てもLCCだという記述はないですし、手荷物を預ける手数料は不要です。機内食だって出ます。ただマイレージがなかったりする点はLCCなのかな?とも思いますけど、やはりサービスの内容的にはLCCではあり得ないものがたくさんあります。

ということでこのブログでマリンドエアはれっきとしたフルサービスキャリアということにしておきますね。(前からそう言うことにしてますし。)

続きを読む

香港チェクラプコク空港のPlaza Premium Loungeはスイーツも揃う女子力の高いラウンジだ!

ターミナルY字の付け根あたりまで

マリンドエアでビジネスクラスに乗ると当然ラウンジサービスが受けられます。もちろん独自のラウンジは持っていませんので、香港ではPLAZA Premium Loungeが提携ラウンジとなっていました。

マリンドエアの出発は202番ゲート。ゲートはY字になっている香港チェクラプコク空港のY字のさらに向こうです。しかしラウンジはY字の向こうにはなく、Y字の枝分かれの付け根付近にあります。()
その他、香港の空港内には複数のPlaze Premium Loungeがある。)

f:id:flyfromrjgg:20170502123626j:plain

搭乗ゲート40~80、201~230に行きたい人達は下に降りてシャトルに乗りましょう。ラウンジは40~80、搭乗ゲートは201~230にあります。ラウンジに行くため、とりあえず40~80で降ります。

搭乗時間になったらまたシャトルに乗ってさらに先まで行かないといけませんから気を付けて下さいね。

続きを読む

737MAX-8初号機がマリンドエアにデリバリー。就航初便は5/22のクアラルンプール(KUL)-シンガポール(SIN)か?

737MAX-8初号機デリバリー

2017年5月17日、僕は夜にTwitterで知ったんですが、マリンドエアの737MAX-8(以下737MAX)が成田空港に立ち寄りました。何と737MAX初号機のデリバリーフライトだったんです。ボーイングからクアラルンプールへと飛ぶ間の途中寄港だったみたいです。

f:id:flyfromrjgg:20170518221427p:plain

(Boeing HPより)

はっきり言って寝耳に水。僕、最近あまりTwitterを見ていなくて、737MAXの動向をよく知らずにいたんです(737MAXのデリバリーが話題になっていたかどうかも不明)。元々737MAXの初号機って米サウスウエスト航空にデリバリーされるんじゃなかったっけな?なんて思いがしているんですが、いつの間にやら変更になり、マリンドエアになったみたいです。

続きを読む