読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケてる航空総合研究所

飛行機の乗り方、航空旅行の楽しみ方、マイルの使い方、貯め方、航空事故などなど、全部教えます。

エアチャイナ(中国国際航空)のA330ビジネスクラス搭乗記【シンガポールから北京へ】

ビジネスクラス アジア 搭乗記

最遠点からエアチャイナで北上します

この旅行は目的地不明ですがシンガポールが最遠点。これから北上して日本に帰ります。日本へのルートは、シンガポール→北京→羽田→中部。ダイレクトには帰国せず、北京周りで帰国しようと考えました。特に理由はありません。北京経由だと羽田にお昼に到着でき、ファイナルレグである中部行きまでに時間が取れて、羽田空港で友人に会えると思ったからです。

FR24見ると、僕の乗るエアチャイナのA330が2時間遅れでシンガポールに向かっていました。元々21時40分着だったのが23時40分着予定。出発は0時15分だったので、定刻出発は絶対に無理だと思いました。

出発の案内を見ると5分遅れの0時30分発になっていたのですが、実際に出発したのは0時53分。元々のターンアラウンドが長いため到着が2時間遅れても、40分遅れ程度までリカバリーすることが可能みたいですね。40分遅れならば、北京での乗り継ぎもそんなに焦る必要なさそうです。


f:id:flyfromrjgg:20160723225152j:plain

北京までのエアチャイナの機材はA330-300。中国系のエアラインでは通路1本のナローボディ機に乗ることが多いので、通路2本のワイドボディ機は何だか嬉しくなります。

続きを読む

エコノミークラスのシートピッチなんていちいち気にすんな【エコノミークラスを快適にするシート選びのコツ】

エコノミークラス 搭乗記

そう言えばシートピッチを気にしたことがない

前回のQ400の記事を書いていて、ふと思ったことがありました。僕ってシートピッチが何インチとか、あんまり気にしたことがないなぁと。

f:id:flyfromrjgg:20170312233435j:plain

このシートピッチって広くないか?って話題でして…。

僕は「エコノミークラスの標準的なシートピッチっていくつですか?」と聞かれても答えられません。「エコノミークラスに乗らないからじゃ~ん、チョー嫌味~!」って話じゃなくてですね、「航空マニア」を公言するくらいならシートピッチくらい知っておけよって話です。

(「シートピット」とは「シートの前後の間隔」のことを指しまして、インチで表すのが一般的です。日本人には分かりやすくセンチで表示されていることがありますが、あくまでもインチをセンチ換算して四捨五入しているだけなので、インチで表した方がより正確です。1インチ=2.5センチです。)

「ビジネスクラス症候群」とか言っている僕だって、国内線の場合はアップグレードポイントがなければ普通席に座りますし、長距離国際線だってエコノミークラスに乗らざるを得ないときだってあります。2年くらい前まではデルタのエコノミークラスにはよく乗っていました。

続きを読む

ANAダッシュエイトQ400で高度21,000ftの空中散歩【名古屋(中部)-仙台】

ANA 搭乗記 セントレア

くだんのANA×スタバタンブラーを買うための仙台旅行。滞在時間は2時間と短かったんですが、充実した日帰り旅行でした。特に役立つ情報はないにせよ、空の旅の全容を書き記しておきます。

個人的には「何の役にも立たない搭乗記」って好きなんですよね。気が楽というかと言うか、頑張る必要ないって言うか、お伝えできるのは単に機窓の景色だけですから…。

共同ラウンジから抜け出せない理由

今回は珍しく午後出発。いつもは朝一で出発して午後には帰ってくるような旅程が多いんですが、いきなり計画された旅行なので、16時45分発という夕方の便になってしまいました。


f:id:flyfromrjgg:20170312233430j:plain

午後3時にもなるとラウンジも空いています。ご覧の通りガラガラです。ただ、写真を撮ったのはオフピークの底で、この後、続々と札幌行きや沖縄行きの乗客が入ってきて、そこそこ混雑していました。

慢性的に混雑しているならANAとJALのラウンジは独立させた方がいいような気もしますが、どうやらセントレアではできない気がいます。きっとセントレアは、

続きを読む