イケてる航空総合研究所

ビジネスクラス搭乗記、弾丸旅行のノウハウ、マイルの使い方、貯め方、航空事故の真相などなど。

何もしない香港弾丸旅行と言いつつ、実はエアインディアの787に乗るのが目的でした。

久々に観光をした旅行

うんと遡りますが、今回は2018年8月に行った香港1泊2日の弾丸旅行のまとめをお送りします。

この旅行では結構本気で香港を楽しみました。いつも空港に着くとすぐに折り返している僕が香港で観光らしきことをしたんです。これはなかなかレアなことででして、目的が帰国便の機材だったからこそできたことです。

香港ではB級グルメ、と言ってもミシュラン1つ星レストランという輝かしいお店ですが、美味しい点心料理を食べて、香港の夕景から夜景になるまでを数時間たっぷり楽しんで帰ってきました。

スポンサードリンク


日本=香港の往復

ルーティングは至って普通の中部発、成田経由の香港行き。機材も古参機B6でした。帰りも特に何もトリッキーなことをせず、関空にダイレクトに帰ってきたのみです。


f:id:flyfromrjgg:20190520232516p:plain

  • 名古屋(中部)=成田 NH A320neo Yクラス
  • 成田=香港 NH 767-300ER Cクラス
  • 香港=関西 AI 787-8  Cクラス
続きを読む

A321XLRが変えるナローボディ機のマーケット。エアバスは勝者になれるのか。

10時間飛べるナローボディ機

2019年6月のパリエアショーで、エアバスからA321XLRのローンチが発表されました。A321neoには大きく3つの派生型があり、普通のneo、LR(Long Range)、そして今回発表されたXLR(Extra Long Range)です。LRが長距離型、XLRが超長距離型です。


f:id:flyfromrjgg:20190621231726j:plain

航続距離は普通のA321neoが3,500NM(6,500km)LRが4,000NM(7,400km)XLRが4,700NM(8,700km)です。LRからXLRにかけて約15%航続距離が伸びて1,300kmの増加。時間で言うと大体2時間くらいの余分に飛べることになりました。


f:id:flyfromrjgg:20190621231750j:plain

これにより日本からだとオーストラリアやインドくらい、アメリカ東海岸からは中欧くらい、北米からは南米くらい、中東からは東南アジアの東の方くらいの距離をノンストップ飛べるようになったのです。

続きを読む

787のスタッガードビジネスクラスに追加料金なしで乗れる超お得な国内線【成田=名古屋NH495便搭乗記】

いつしか787が入るように

名古屋(中部)=成田=名古屋(中部)と言えば「国際線機材のメッカ」なんて言っても過言じゃありませんよね。特に中部からの朝一便であるNH492便、そして成田からの最終便であるNH495便には国際線機材がアサインされて、1時間程度の国内線ながら国際線気分が味わえる路線として乗りマニア達には人気を博す路線?だと思っています。

何でもすごいのは国際線気分だけではなく、ビジネスクラスなのに普通席の扱いであるため、豪華シートに追加料金なしで乗れるのです。

一時期A320neoが入ることが多く、「ちょっとつまらなくなってしまったなぁ」と嘆いていたこともあるんですが、再びB6が投入され、そして最近ではスタッガードの787も投入されるようになり、再び「国際線機材のメッカ」として活況を呈するようになってきました。

ただし、投入される機材は日によって異なりますので、そこは運試し的な要素はあります。何が来るか楽しみですね。もちろん予約時にわかります。

突然のタイプチェンジもあり得ますが、シートアサインがかなり変更になるかと思いますのでほとんどないと思ってよいでしょう。


f:id:flyfromrjgg:20190525203725j:plain

というわけで成田発名古屋(中部)行きNH485便、18時25分発に乗りましたので報告したいと思います。

続きを読む

中国東方航空とエアチャイナのA350に乗りに行った北京=上海(虹橋)往復旅行まとめ

目的は中国東方航空A350

今回は2019年の年始に行った中国弾丸旅行のまとめ。メインの目的は中国東方航空に新規導入されたばかりのA350でした。乗りに行ったときの導入数は2機。まだ国内線でしか飛んでいない時期にビジネスクラスに安く乗れると目論んで出掛けた旅行です。

当初は中国東方航空だけの予定でしたが、途中、中部からソウル経由上海(虹橋)までのフライトスケジュールの変更があり、ソウルでのMCT(最低乗継時間)を満たさなくなって北京経由に変更。その変更によって、エアチャイナのA350に乗れることになりました。エコノミークラスではありますがエアチャイナのA350にも乗ることができたのは不幸中の幸いでした。

ANAのマイルで特典航空券を発券すると、国際線がビジネスクラスの航空券でも中国国内線がエコノミークラスになってしまうのは残念でしたが、それでも2つの中国キャリアのA350に同時に乗れたのはラッキーだったと言えるでしょう。

この旅行の旅程を地図で示すと以下のようになります(スケジュール変更前には中部=仁川/金浦=虹橋=北京=羽田でした)。

続きを読む

エアアジアジャパンの台北初便に乗りに行ったら不満や感動がたくさん溢れてきた弾丸3レグまとめ

エアアジアジャパン台北初便のため

ずいぶんと昔の話になってしまいましたが、やっと全記事が出ましたのでまとめたいと思います。2019年2月1日、セントレアから台北へエアアジアジャパンが就航した時に台北への日帰り旅行をしたときのお話です。

この時のルートは以下の通りです。


f:id:flyfromrjgg:20190520224523p:plain

  • 名古屋(中部)=台北 エアアジア・ジャパン A320
  • 台北=那覇 バニラエア A320
  • 那覇=名古屋(中部) JTA 737-800

普通の金曜日だったので軽く台北日帰りは可能だろうと侮っていたのが不幸の始まりでした。往路はエアアジアジャパンの台北初便(国際線初便)ですのでいくら高い料金を支払っても乗ろうと思っていたのですが、帰りはやはり節約したくなりますよね。しかしこの時期は中華圏での春節前の金曜日とあって台北から日本への飛行機は超絶的に混雑していたのです。

続きを読む