イケてる航空総合研究所

ビジネスクラス搭乗記、弾丸旅行のノウハウ、マイルの使い方、貯め方、航空事故の真相などなど。

セントレア787初号機(ZA001)の機体移動イベントに行ってきた【感動の完全ドキュメント】

2018年夏に787展示施設がオープン

中部国際空港(セントレア)では今、2018年の夏の787展示施設オープンに向け建物の建設が進んでいます。

え?展示施設?

ご存知ない方に簡単に説明しておきますね。セントレアには今日2017年12月17日まで、ボーイングから寄贈された787の試験1号機が屋外に置かれていたんです。それを展示する施設、兼商業施設がオープンするんですよ。

屋外に置かれていたという787の試験1号機はこれです。


f:id:flyfromrjgg:20171216225541j:plain

写真の右側の機体です。見たことがある方がいらっしゃるかもしれません。(ちなみに左側に写っている黒い円筒状の物体は、シアトルに運ばれる前の787胴体です。)


f:id:flyfromrjgg:20171216225638p:plain

GoogleMapにも映っていますが、787はセントレアのエプロンの南の端に置かれていました。これを展示する展示施設が2018年の夏にオープンします。施設の名前は「Flight Of Dreams」。787試験1号機を展示するマニア垂涎の施設になる予定です。なお、展示施設の商業エリアには、ボーイングの工場があるシアトルを模した飲食店の街並みや、米国外では初のボーイングストアが出店する予定になっています。787展示施設というよりも複合商業施設と言った方が正しいかも知れません。

「Flight Of Dreams」の詳細はこちらをご覧下さい。

flightofdreams.jp

787大移動イベントの全容

今日(2017年12月17日)は、屋外から建設中の施設に入れる大移動のイベントが開かれましてそれに行ってきたわけです。2015年6月のセントレア到着から約2年半、屋外で雨ざらしにされていた787がついに建物の中に入れられるんですね。これで787試験1号機くんも温かいお正月を迎えられるわけです。

日本ではこんな試みは史上初(かな?)。飛行機が空港内から公道を横切って空港外へ出ることなんてこれまでなかったらしいんです。そういう意味で結構レアなイベントです。

イベントのルートはこんな感じで、駐機されていた南の端から外に出て、建設中の施設内へと行動を横切ってトーイング(牽引)されるルートとなっています。900mという移動距離を時速3~4kmのゆっくりとしたスピードで進みます。


f:id:flyfromrjgg:20171217001442p:plain


イベントは以下の内容で行われました。

  • 開催日:2017年12月17日(日)
  • 参加費:無料
  • スケジュール

  9:30 開場・受付開始
  11:15 オープニング
  11:30 ZA001号機の移動スタート
  12:00 ZA001号機の見学・撮影会(観覧エリアAの方のみ)
  13:30 ZA001号機の移動再開、建物内への搬入
  15:00 イベント終了

  • 募集人数

  観覧エリアA・・・2,000名
  観覧エリアB・・・1,500名

募集人数を見て頂ければわかりますが、3,500人を無料で招待するという非常に太っ腹なイベントでした。いつもこの辺りがセントレアのマニアフレンドリーなところですよね。

大移動イベントは11時から始まった

はい、セントレアに到着しました。開始は11時15分からということで、ちょうど11時くらいに着くように来ました。


f:id:flyfromrjgg:20171217143945j:plain

白いテントをくぐったところがエリアAです。機体を間近に見られるゾーンです。既に人だかりが見えます。もう少し人がわんさか押しかけているのかな?と思いましたが、敷地が広大のため、人口密度は非常に低かったです。


f:id:flyfromrjgg:20171217143916j:plain

はじめはこんな角度で787のZA001とドリームリフターが駐機されていました。今日のためにドリームリフターはこの位置に駐機ZA001との共演を狙ったんですね。

ちなみにピンク色のゼッケンを着た人達は報道関係者たち。僕らよりも前のゾーンで最高の撮影環境です。(あとから聞いた話によると、この位置から出はドリームリフターとの共演が撮れず、また道路を横切る姿も角度が良くなくあまり好環境にはなかったようです。)


f:id:flyfromrjgg:20171217144010j:plain

トーイングを待つZA001。ここで2年半もの間、野ざらしになっていたので、今日を心待ちにしていたと思います。やっとおうちの中に入れるんですね。


f:id:flyfromrjgg:20171217144743j:plain

ここが新しいZA001くんのおうち。この建物まで引っ張っていきます。


f:id:flyfromrjgg:20171217150008j:plain

ズルズルと引っ張っていくだけかなーと思っていたんですが、ちゃんと解説がついています。ラジオDJのMEGURUさんが「さぁ、ゆっくりと動き出しました」とか「787の第二の故郷であるセントレアに帰ってきたZA001は、、、」とか言いながら実況中継をしつつ、色んな787の話をしてくれるんです。そしてちゃんとしたBGM付き。非常に軽やかなMEGURUさんのMCと、場面に合ったBGMがとても心地よく感じられました。

ついに移動が始まった

実はこのイベント、ちゃんとセレモニーがありましてセントレア社長さんやボーイングジャパンの社長さんなどが挨拶やテープカットをやったんですけど、遠くて全然見えませんでした。残念…。

そして11時15分ついに移動が始まりました。


f:id:flyfromrjgg:20171217144030j:plain

まずはドリームリフターの後ろを通過します。


f:id:flyfromrjgg:20171217144128j:plain

そしてこちら側にターン。


f:id:flyfromrjgg:20171217144134j:plain

凛とした787の顔がこちらを向きました。


f:id:flyfromrjgg:20171217144138j:plain

そしてここでドリームリフターと並びます。憎い演出ですね。


f:id:flyfromrjgg:20171217144143j:plain

どんどん近づいてきます。


f:id:flyfromrjgg:20171217144403j:plain

親子で頭が並ぶショット、これを撮りたかった!

目の前を通過します

ドリームリフターの横を通過するまでは遠目で見てたんですが、ここで一気にフェンスに攻め込みます。


f:id:flyfromrjgg:20171217144458j:plain

この人ゴミ。皆さん必死です。


f:id:flyfromrjgg:20171217144508j:plain

真横を通過する姿、本当に近くて大きく見えました。


f:id:flyfromrjgg:20171217144515j:plain

翼が頭の上を通過していくくらい近づけたんです。

中型機と呼ばれている787も近くで見ると本当に大きいです。しかも試験機である787は過酷な試験環境に耐えてきただけあって、何だかとってもたくましく見えました。

しばしの撮影タイム

ZA001はそのまま真っ直ぐ進み、建物への90度ターンを半分終えたところで停止しました。


f:id:flyfromrjgg:20171217144732j:plain

なんとここでギャラリーへの撮影タイムが設けられたのです。すごいです。機体に寄って撮影することが出来るんです。これはエリアAの人のみの特典です。


f:id:flyfromrjgg:20171217144737j:plain

ゾーンは3つに分かれていてまずはゾーン1の人達から中に入ることができました。ゾーン1はあまりに人が多かったので、僕はゾーン2で待機していました。


f:id:flyfromrjgg:20171217144747j:plain

30分くらい経ったあとゾーン2の人達が入場します。ワクワクしますねー。


f:id:flyfromrjgg:20171217145211j:plain

まずは全景ショット。完全に逆光ですが、787のしなりの効いたウィングまで撮影すると、787の特徴がよーくわかりますね。


f:id:flyfromrjgg:20171217145219j:plain

エンジン部分から前。ギザギザエンジン(シェブロンノズル)が特徴です。


f:id:flyfromrjgg:20171217145224j:plain

ANAの地上スタッフもいてこんな風に記念撮影をすることもできます。グランドスタッフのお姉さん達、コートも着ずにこんなところに立たされて、むっちゃ寒そうで可愛そうでした。


f:id:flyfromrjgg:20171217145229j:plain

レイクドウィングチップの特徴が最もわかる角度!!!787は何と言っても翼が特徴です。


f:id:flyfromrjgg:20171217145233j:plain

そして真正面から。レドーム大きいですね。中には気象レーダーが入っています。恐らく取り外されていると思いますが…。この787は飛ぶ必要がないので、取れる部品は全て取られてしまっているはずです。


f:id:flyfromrjgg:20171217145238j:plain

右側からが順光ですが後ろからの光なので、なかなか露出が難しいです。


f:id:flyfromrjgg:20171217145242j:plain

ロールスロイスTrent1000エンジン。口径が大きいエンジンですねー。カーボン製で機体が軽いことが787の低燃費の秘訣だと言われていますが、実際はこのエンジンが寄与するところが大きいです。


f:id:flyfromrjgg:20171217145250j:plain

エンジンのロールスロイスマークがたまらんです。ノーズのボーイングロゴもたまらんです。エンジンメーカーと機体メーカーのロゴが同時に入れられるのが試験機というものなんですよ。



いやーこの撮影大会、本当にセントレアからの大大大大大サービスですね。こんなに787のZA001に近づけたことは過去ありませんでしたし、撮影の時間もたっぷりとってもらえました。いやはや、目の前の787に本当に感動しちゃいました。

本邦初!?公道を渡ります

実はこのイベントの一番の見どころはここなんです。非常に地味ですが、かなりレアなシーンが見られます。


f:id:flyfromrjgg:20171217150003j:plain

最後はこの建物に入れるわけですが、ここからセントレアの駐車場を抜けて公道を一瞬だけ走ります。


f:id:flyfromrjgg:20171217150016j:plain

トーイングカーが公道に出ました。


f:id:flyfromrjgg:20171217150020j:plain

メインギヤが道路の上にあります。なかなか見られない光景ですよねー。


f:id:flyfromrjgg:20171217150025j:plain

そし手メインギヤ渡り切りました。しっぽはまだ道路にいます。


f:id:flyfromrjgg:20171217150030j:plain

そして少し進んで停止します。いやー歴史的な瞬間が見られましたね。なかなか良い角度で撮影することができました。

そしてここで再び撮影大会です。

ここから搬入までが長いのです

道路側に出ていたので、急いでエリアAに戻りました。


f:id:flyfromrjgg:20171217151231j:plain

丘の上に787の尾翼だけ見えている光景。なんだか異様な光景です。この日、この時間しか見られない超レアなショットです。


f:id:flyfromrjgg:20171217151236j:plain

後ろから建物に入っていくZA001をアップで撮影!!!


f:id:flyfromrjgg:20171217151243j:plain

このシーン、やっぱり誰でも撮りたくなりますよねー。


f:id:flyfromrjgg:20171217151250j:plain

そしてゆっくりゆっくりと建物の中に入っていくわけです。どうやら壁までが70㎝しかないらしく、すごい職人技が求められるらしいのです。ここまでは意外と早くトーイングされてきましたが、ここからは慎重に慎重に1時間~1時間半くらいかけて建物の中に入れていくんですね。実質は1時間以内で入れられたようでした。


f:id:flyfromrjgg:20171217160519j:plain

そして建物の中に入りました。


f:id:flyfromrjgg:20171217160529j:plain

787の尾翼も、もうこれから風に当たることもなんですね。あ、でもまだ、壁がないか…。これからどんどん外側に壁ができていきますので、ZA001くんもきっと嬉しいことでしょう。

率直な感想を述べます

今日の大移動イベント、単に飛行機をトーイングしていくだけでしょ?なんて思っていたんですが、それはそれは感動的なイベントでしたね。MCやBGMがあると本当に気分が盛り上がるんです。

この飛行機は、まだまだ部品の状態でセントレアからシアトルに運ばれて、初めて787として初飛行をして、2年前に生まれ故郷のセントレアに里帰りして、そしてこれから第二の人生を送るんだなーなんてことを思うと、感慨深い気持ちにならずにはいられませんでした。

787は日本企業の製造比率が35%という過去最古を誇る準国産機です。その試験1号機が生まれ故郷に里帰りして、展示施設に入れられるんですよ。これほど幸せなことはありません。航空宇宙産業が集積するこの中部地区に、初めて製造されて、初めて空を飛んだ787が未来永劫展示されるなんて思うと、とても嬉しい気持ちになります。

そんな歴史的に意義ある787の移動に立ち会うことができ、こうやって記録に残すことができて本当に良かったと思います。

そしてこんな素晴らしいイベントを企画してくれたセントレア様にも大変感謝しております。本当に本当にありがとうございます。本当に本当に、、、

感動しました!!!

スポンサードリンク



flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com