イケてる航空総合研究所

飛行機の乗り方、航空旅行の楽しみ方、マイルの使い方、貯め方、航空事故の真相などなど。

北京首都国際空港周辺の格安おすすめトランジットホテル

弾丸なら空港近くに泊まるしかない

今回エティハドで行く北京旅行は毎度の弾丸旅行。こんな時は、というか毎回のことですけど、空港のトランジットホテルに泊まるのが一番いいですよね。

僕が泊まったのは「北京明豪戴斯酒店(Days Hotel Beijing New Exhibition Center:デイズホテル)」というホテル。旅行直前にAgodaで、約5,900円で見つけたところです。今回の旅程は、深夜到着(遅れて1時着)の早朝出発(8時半発)。滞在時間の短さもあって、極力安いところを探していましたので、約6,000円で泊まれるホテルというのは魅力的でした。

北京空港内にもトランジットホテルはあるのですが、予約ができるのかわからないということと、そもそもHPが工事中だったということもあり、やむなく空港の外のホテルを取りました。

空港周辺のトランジットホテル

このホテルの場所はここ。空港からは近いように見えますが、意外と走ります。車で15分ほど掛かります。

f:id:flyfromrjgg:20170711231207p:plain

北京首都国際空港の近くにはトランジット用のホテルがたくさんあります。最もお値段が高いのがヒルトンでしょう。第3ターミナルに非常に近く、1泊2万円は下りません。もう1つが北京首都機場朗豪酒店(ランガムホテル)。こちらも1泊2万円弱くらいです。

その2つが高級なところです。それ以外、空港の近くには色々とホテルがありますが、どこも微妙な感じです。安さにつられて泊まると痛い目に遭いそうですね。その中でも今回泊まったデイズホテルは値段の割にまあまあでした。部屋も広くて快適、安っぽさはありましたが、値段を考えれば仕方がないことです。

比較的その他少し離れるとIHG系のクラウンプラザがあります(1泊1万円程度)。空港周辺のそこそこのホテルと言ったらそれくらいでしょうか?

ここはおススメできます

デイズホテル(Days Hotel)のお部屋はこんな感じ。

f:id:flyfromrjgg:20170623172832j:plain

意外と広いです。

もちろんトランジット目的の宿泊客がほとんどとあってフロントでは問題なく英語が通じます

ホテル着が1時半、シャワーを浴びて消灯したのが2時過ぎ。そして4時半起きでしたから、ほとんど眠れませんでした。元々床が変わると眠れないタイプなので、実質徹夜したようなもんです。ベッドに横たわって悶々としていたら朝が来たような感じでした(焦)。

ま、元々の旅行スタイルが弾丸ですのでほぼ徹夜は覚悟しています。でも空港のベンチで仮眠を取るような勇気はないですし、そこまでして宿泊代を削ろうとは思いません。たかだか数時間の滞在であろうと、僕はちゃんとしたベッドがあるホテルに泊まりたいです。

数時間の滞在とは言え、約6,000円という料金はとても安くに映りました。前々日に検索して出てきた評判の良かったホテルがここでした。「ま、いっかここで…。」と適当に決めたホテルでしたが、前評判通り良かったです。

部屋は広く、シャワーブースや洗面台も清潔。特に不足しているものはありませんでした。

空港への送迎バスがあるのも嬉しいです。僕が乗ったのは5時15分のバスでした。次のバスは6時。5時15分よりも早いバスがあるかは不明ですが、少なくとも5時台は5時15分です。ターミナル3を経由してターミナル2へシャトルバスが出ています。ターミナル3経由で行くので近い割に30分以上掛かります。

その他アメニティに関しても、歯ブラシや髭剃りは常備ペットボトルの水も2本置いてあったので何の心配も要りませんでした。水道水の味が怪しかったので、ペットボトルのお水で口をゆすぎました。

というわけで、このホテル。泊まるだけなら自信を持っておススメ致します。


flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com