イケてる航空総合研究所

ビジネスクラス搭乗記、弾丸旅行のノウハウ、マイルの使い方、貯め方、航空事故の真相などなど。

ANAプレミアムクラスのお客さんっていつもあんなに態度がデカくて、スカしてる人ばかりなんですか?

年に一回しか乗らないのに

僕にとって年に一回のお楽しみのプレミアムクラス。いつも乗っておられる人には大したことないんでしょうが、僕はプレミアムクラスに乗る旅行を楽しみにしています。ANAのSFC(Super Flyers Card)会員に一律に付与される4ポイントで国内線の1区間でプレミアムクラスに乗ることができます。

お金を払ってアップグレードするには、路線によって3,000円~14,000円の追加料金が必要です。僕が乗った名古屋(中部)=福岡はプラス5,000円です。ちなみに羽田=新千歳や羽田=福岡なんてプラス14,000円が必要です。

アップグレードポイントを使う場合は路線によらず4ポイントなので、安い区間で乗るとちょっともったいない気もしますが、それでも4ポイントをANAスカイコインに換金すると4,000円にしかなりませんので、5,000円以上の区間で乗ればお得と言うことになります。


f:id:flyfromrjgg:20190118011547j:plain

737の古いプレミアムクラスでも僕は十分満足です。たった1時間20分の福岡行きの便でもそれなりに優雅な気分を楽しめます。

しかし、今回は何だか不快でした。それはこれから書きますね。

すごいニイチャン乗ってきた

この便(737-700)のプレミアムクラス(8席)は満席。アップグレードした前々日には7席も空いていたのに、乗ってみたら満席というのはどういうことでしょう?予想外の混雑に「別の路線で乗れば良かったかも…」と若干後悔しました。

しかも隣に来たのがすごいニイチャンで…。

僕が一列目窓側(1A)に着席してゴソゴソやっていたら、隣の座席の上にドカっと白のリモワ(Rimowa)のスーツケースを載せる人がいました。「あ、こりゃ変なヤツが来たわ」と直感しました。白のリモワを持っている時点で若干のクセがあるわけですよ。普通の人なら黒かシルバーを選びますから…。

大柄の40代、雰囲気で例えれば「ホリエモン」って感じの人でした。ちょっとスカした雰囲気のニイチャンでしたね。(僕、ホリエモンは好きです。)

プレミアムクラスに乗るとCAさんが「本日はご搭乗ありがとうございます。客室を担当します〇〇と申します。」と挨拶に来てくれるんですが、ニイチャンは完全に無視。あの挨拶は何だか緊張して、目を合わせるのもやっとなんですが、さすがの僕でも「どうもどうも」くらいの反応はしますよ。しかし彼は、まるでCAさんがそこに存在しないかのように無視をするんです。

じゃあCAさんが見えていないかと思いきや、シートの上に置いてあるブランケットを投げるようにCAさんに渡します。もちろん無言です。

おめぇ、その態度はねーだろ。

と非常に不愉快でした。客室乗務員側の態度が酷いならまだしも、非常に丁寧に接してくれているのに、あんな態度をしちゃいけませんよ。CAさんを何だと思っているんですかね???召使い?奴隷?そんな感じの態度でした。

ちなみに時計はROLEX。左の腕でひじ掛けを掴むようにしているので時計がよく見えるんですよ。それなりにお金がありそうな感じではありました。

スポンサードリンク


ニイチャンは食事をパス

驚いたことに、隣のニイチャンは寝たふりをして食事をパス。食事が運ばれて来ると同時に寝る体制に入ったので、絶対に眠っていなかったと思うんですが、食事など見向きもせずにひたすら狸寝入りをしてました(時々起きて時計を気にするので本当に眠っていないことはすぐに分かります)。

せっかくプレミアムクラスに乗っているのにご飯をパスしちゃうんですね。要らないんでしょうか?20時10分発なので、軽い夕食にはちょうどいい時間なんですが…。

あ、わかった!

そんなメシ、おれの口には合わない

って言いたいんだ!

ついでにその後のニイチャンのお話をしておくと、降機のとき、CAさんがジャケットを間違えて持ってきたんですが、これまた無言で「しっしっ」と手で払うようなポーズ。何とも態度の悪いニイチャンでした。

ちなみにニイチャンはフードに動物の毛が付いているような高級そうなコートを着ていました。

僕はまぁ美味しく頂きました

僕の楽しみは隣のニイチャンがパスしたというプレミアムご飯。


f:id:flyfromrjgg:20190118011551j:plain

こちらお品書きとなります。


f:id:flyfromrjgg:20190118011555j:plain

そぼろご飯がメインです。

それなりに美味しいんですが、若干残念なのはコールドミールであること。キンキンに冷えた揚げ物とかは正直美味しくないんです。でも出されたものはちゃんと食べます。アップグレードポイントでタダ乗りしているとは言え、もったいないですからね。1年に1回の楽しみですし…。

クッキーが美味しすぎる件

食事の後はコーヒーを頂きます。


f:id:flyfromrjgg:20190118011559j:plain

というかコーヒーが無茶苦茶ぬるくて文句を言いかけたんですが、隣のニイチャンの態度が悪すぎて、僕まで文句を言ったらCAさんが心を病んじゃうと思ったのでやめました。まぁブログに書けばいいんです。

flyfromrjgg.hatenablog.com


f:id:flyfromrjgg:20190118011602j:plain

コーヒーに加えてクッキーももらえます。チョコレート味のとてもしっとりしたクッキーです。

これ、すごい美味しいんですよ!


f:id:flyfromrjgg:20190118011605j:plain

「レーマン」というところが作ってるクッキーです。ANAのプレミアムクラスの食後のおやつは1年~2年くらい前からこれですが、

こんなに美味しかったっけ?

って感じで、おかわりを1枚頂いちゃいました。

ちなみに隣にニイチャンは相変わらずの狸寝入り。「こんな美味しいものを食べなくてもいいんかなー?」って思っちゃいました。

お金持ちは違いますねぇ

僕は年に1回しかプレミアムクラスに乗りませんので、食事はちゃんと食べますし、おやつだっておかわりをもらいますし、スリッパだって履いちゃいます。

でも、高級な白リモワやウン十万円するようなROLEXを持っているようなお金持ちのニイチャンは、プレミアムクラスに乗ってもご飯も食べないし、機内ではひたすら眠るんですね。そしてCAさんはいてもいなくても同じという感覚で…。

つまりプレミアムクラスには一切のサービスを求めていないってことですよ。きっとお金があるから、プラス料金がいくらでも普通席よりはマシだということで乗っているんでしょうね。

座るだけでいいんだ~。

なんて羨ましく思いました。お金持ちは何も求めない!いやはや脱帽です。

というのは全部「嫌味」でして、全然羨ましくありません。僕はただただ人間扱いされていないCAさんが不憫(ふびん)でならないのでした。

CAさんもあんな客ばかりだったら、心を病んで機内で飲酒したくもなりますよ。と言うのは冗談としても、そんな客がプレミアムクラスにいるとやはり居心地悪くなりますよね。

まぁプレミアムクラスにはそんな乗客もいるということで、ここに詳細をご報告差し上げます(笑)。


スポンサードリンク


flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com