イケてる航空総合研究所

ビジネスクラス搭乗記、弾丸旅行のノウハウ、マイルの使い方、貯め方、航空事故の真相などなど。

シンガポール航空787-10の『世界初就航』は『関空』だって本気で思ってませんよね?

関空に『世界初就航』への違和感

本日(5/3)、『関空』に『世界初就航』を果たした787-10。先回のSQ787-10世界初就航の搭乗記をお読みの皆さんは既に事情をご存知でしょうけれども、ちょっとここで僕なりの主張を書かせて頂きたいと思います。

2018年4月2日、関空、21時半。僕はSQ787-10の初便を狙うため、JALのチェックインカウンターにやってきました。チャンギ空港へはシンガポール航空の深夜便SQ623便で向かいます。スターアライアンスのSQでも地上のハンドリングは伝統的にSQがやっています。


f:id:flyfromrjgg:20180403064505j:plain

チェックインカウンターの前には、翌日(4/3)乗る予定のSQ787-10の関空への世界初就航のポスターが掲げられていました。

『世界初就航』

その言葉に非常に大きな違和感を覚えます。何故なら、、、

本当の意味で世界初就航地は関空ではないからです。世界初就航地はバンコクです。この日の翌日2018年4月3日のシンガポールからバンコクへ飛ぶSQ970便が787-10の世界初就航便なのです。

flyfromrjgg.hatenablog.com


スポンサードリンク


グランドスタッフも知らなかった

僕とグランドスタッフのお姉さんとの間で次のやり取りが交わされました。

僕:「チェックインする前にシンガポールからバンコクの機材を確認したいんですけど…」
姉:「はい、かしこまりました。」
僕:「機材は間違いなく787になってますよね?」
姉:「はい、787となっております。」

僕はシンガポール=バンコク線SQ970便の機材が787であることを確認しました。僕のデシジョンクライテリア(判断基準)として、「出発前の関空でSQ970便の機材が787のままであれば旅行に行く、関空で機材変更が分かれば旅行には行かない」と決めていました。この期に及んですら、SQ787-10の初便が本当に4月3日に飛ぶのか半信半疑でいたんです。

公式アナウンスのない初便はスケジュールが流動的なことが多いですから、直前に機材変更がある可能性があります。しかし前夜の関空で機材変更がなければ、飛ぶ可能性はかなり高いですよね。前夜の関空でのデシジョンクライテリアはクリア。僕はチャンギ行きの決断を下しました。

引き続き会話が交わされます。

僕:「明日の787に乗るためにシンガポールに行くので、間違いなく787であることを確認したかったんです。本当に787ですよね?」
姉:「はい、間違いありません。あっ、あちらでは明日飛ぶんですね。」
僕:「関空は5月就航ですけど、本当の就航は明日なんですよ。」

お姉さんは、787-10が4月3日に初就航することを知らなかった様子でした。「まさか関空が本当に世界初就航だと思ってました?」と聞きたかったですが、そんなことを聞いたら非常に感じが悪いのでやめておきました。

誰もが関空に初就航すると思っている

でも、やはり、というか、どう考えても勘違いしやすいですよね。新聞記事にもWEB記事にも関空が世界初就航って書いてあるんですから…。僕の周りでも関空が世界初就航と思っている人はたくさんいます。というか皆が皆そう思っています。

しかし「世界初就航」ってのは通常は純粋な初便のことを指すと思うんです。そしたら4月3日に飛んだバンコク線が世界初就航便になるはずです。なのに何故関空が世界初就航なんでしょうか?

ロジックとしては「定期便」としての初就航が関空だからとらしいのですが、じゃあSIN=BKKが「定期便」じゃないかと言われたら、そんなことはなく、SIN=BKKだってれっきとした「定期便」です。初便であるSQ970便、その他787-10で運航される便には毎日787-10が入っています。

じゃあ「いつかSIN=BKK線が787-10での運航をやめるから定期便ではない」という定義だとしたら、関空線だって同じですよね。路線に機材のキャパが合わなくなったら、少なくする場合はA330に戻すでしょうし、多くする場合はA380などに変えるわけですから…。定期便とは未来永劫その機材での運航が続くことを意味するわけではありません。定期便と言えども将来のことは未定なわけですから「定期便としての世界初就航」という意味もロジカルに考えると変です。

なのに何故、関空が世界初就航と呼ばれるのか、実に不思議でなりません。日本での宣伝効果を狙ったものかも知れませんが、最近はSQでも日本へのインバウンド客の方が多くなっていると思われるため、日本向けに宣伝してどれだけ効果があるのか未知数です。

もちろん宣伝広告というのは100%商用目的ですので、多少の解釈の歪みがあっても良いとは思います。SQが『最大の宣伝効果が関空への「世界初就航」である』と判断したことは紛れもない事実ですが、ピュアな航空ファン的な視点で考えると、

とてつもない違和感

を覚えてしまうのでした。

そんな違和感を抱えながら、僕はシンガポールからバンコクへ飛ぶ「世界初就航」を狙いに行くのでした。

そして先回の搭乗記に繋がるわけです。

どっちでもいいじゃんそんなこと、って思う人が大多数だと思うんですけど、誤解している人がいるかも知れないので書かせて頂きました。


スポンサードリンク



flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com