イケてる航空総合研究所

ビジネスクラス搭乗記、弾丸旅行のノウハウ、マイルの使い方、貯め方、航空事故の真相などなど。

ANAの機内食がお洒落すぎて味がよくわからない上に、CAさんに感想を求められるのでマジ辛いんですけど。

和食にするか洋食にするか

前回からお送りしている成田発ジャカルタ行きNH835便。出発は17時55分です。今回は機内食に焦点を当てます。随分前からですがANAの機内食について思うところがありますので、今回は別出し記事としてお送りします。


f:id:flyfromrjgg:20181112223758j:plain

こちらが和食メニュー。「日本のエアラインの日本発便はやっぱり和食でしょ。」なんて思うももの、何となく魅力に欠けちゃいます(あくまでも個人の主観)。

主菜は「鰆唐揚げカレー和風餡」。全然ソソられませんでしたので、和食はパスすることにしました。ちなみに最上段のアミューズは和洋食共通のメニューです。


f:id:flyfromrjgg:20181112223843j:plain

こちらは洋食メニュー。カタカナばかり、しかも料理に詳しくないと理解できない用語ばかりです。どんなものが出てくるのか、想像力を働かせても全く想像できず非常に苦しみますが、「こっちの方が面白そうだ」と洋食をオーダーしたくなったので洋食にしました。


f:id:flyfromrjgg:20181112223846j:plain

ちなみにお好きな時にというメニューは非常にわかりやすいです。やはりサイドメニューの王様は一風堂の「そらとん」。これを食べずして何を食べるという感じですが、毎回お腹がいっぱいで食べられません。その他、ANAオリジナルカレーなんかもあるんですね。お腹に余裕があれば食べてみたいです。

スポンサードリンク


この記事は以下の記事の続きとして書いています。

flyfromrjgg.hatenablog.com

お洒落すぎて味がよくわかりません

成田=ジャカルタ線は8時間のフライトとあって、ゆっくりと機内食を楽しむことができます。


f:id:flyfromrjgg:20181112223849j:plain

一品目のアミューズ。

お洒落ですねー。

長い棒はチーズのスティック。これは美味しかったですが、手前のキュービックなヤツはフォアグラのムースとあって脂肪分たっぷりの重たい味でした。そしてオリーブは実は苦手です…。


f:id:flyfromrjgg:20181112223852j:plain

前菜は「フェンネルとスモークサーモンのムースお菓子仕立て ローストビーフ入り、ハーブのサワークリーム」。暗記するのは絶対無理です。

これ、見た目は非常に美しいんですが、いや、もちろん美味しんですけど、斬新な味というか非常に説明しにくい味なんですよね。

「サワークリームを付けてお召し上がり下さい」と言われたので、その通りにしたんですが、口の中の味がサワークリームの味なのか、サーモンの下にある白い部分の味なのかよくわからないんです。

味覚がおこちゃまな僕にはハイレベル過ぎました…(涙)。

味がお洒落過ぎるんですよ!

実はこの時、映画を観ている途中にも関わらず、CAさんに「いかがでしたか?」と感想を聞かれてしまったんです。いきなり感想を聞かれるとは思ってもいなかったので、とっさに「あ、美味しかったです」とかいう小学生レベルの感想しか言えなかったのです。

しかし、その返答は本意ではありませんでした。ちゃんと考えをまとめて言うと「ハーブが効き過ぎていて食材の味がよくわからなかった」という回答になります。


f:id:flyfromrjgg:20181112223946j:plain

さて、パンは至ってノーマルです。お洒落なものが2つ続いた後に普通のパンの味だと何となく安心しちゃいますね。

問題はハーブなのか?

メインは「ハーブ入りラッシーでマリネした鶏もも肉のロースト」と「マナガツオのエチュベ」からのチョイス。


f:id:flyfromrjgg:20181112223948j:plain

僕は「鶏もも肉のロースト」をオーダーしました。

「ハーブ入りラッシーでマリネした」の部分が全く想像つかなかったんですが、名前の通りハーブが香っている感じで、こちらの鶏肉は前菜に比べるとまだ味はわかりやすかったです。

しかししかし、前菜もメインもハーブ、ハーブ、ハーブで、とにかくハーブばっかりなんですよ。さっきから「味がお洒落だ」とか「よくわからない」と言っているのは、きっとハーブのせいだと思います。

以前こんな記事も書いていまして、こういうわかりやすいメニューの方が人気が出るんじゃないかとも思います。

flyfromrjgg.hatenablog.com


さて、最後のデザートは秋とあって栗のデザート。


f:id:flyfromrjgg:20181112223952j:plain

実にノーマルなお味のデザートでした。こういうちょっぴり和のデザートが入ってくると安心しますよね。

「いかがでしたか?」と聞かないでくれ

CAさんが片付けに来るときに、毎回聞かれることは「いかがでした?」ということです。機内食の感想を求められるんですよ。外資系エアラインでも頻繁に聞かれるので、「機内食の客の感想を聞く」というのは世界的に客室乗務員の仕事になっているんだと思います。それはそれで必要なことだと思うんですが、なかなか言いにくいことってありますよね。

今回は実は2回も感想を聞かれたので困りました。一度目は映画を観ている途中、前菜を片付けに来たときでした。僕は映画に夢中と言うこともあり、不意を突かれた感じで「美味しかったです」としか答えられませんでした。

2回目は機内食も終わり、CAさんと「この便の客層が外国人ばかり」ということについての会話を始めたときでした。何かのきっかけで機内食の話になり「本日の洋食はいかがでしたか?」なんて聞かれたので思い切って本音を言ってみたんです。

「いや、あの、非常に美味しかったんですが、実は、味がよくわからないものがありますよねぇ。」と。続けて「お洒落な味って言うんですかね?」みたいな感じで…。

そしたらそのCAさん、

わかります!!!

それ!!!

と言うんです。謝られると思っていたところに賛同してもらえて驚いちゃいましたが、どうやらCAさんにとって僕の反応は想定の範囲内であるようでした。

ですよね~!

良かった~!

なんて僕は返したんですが、「外国人のお客様にもハーブが効きすぎていると言われることがあります」とおっしゃっていたので、僕が感じたことはワールドスタンダードだったのかも知れません。

もっと本音で話そう

僕はこの件で、「本音を言ってしまってもいいんだ」と思いました。今まで何となく本音を言いにくくて、「美味しいです」としか返せなかったんですが、CAさんの反応を見る限り本音を言っても理解してくれるような気がしたんです。

もちろん直接的に「美味しくない」と言ってしまうと角が立ち、相手に「申し訳ございません」と言わせてしまうので、それなりに言い方を考える必要はありますが、やんわりとした表現を使って伝えれば、きっとわかってくれると思うんです。そしてきっと機内食のチームにフィードバックしてくれると思うんですよ。

これからの機内食の改善のために本音は言った方がいいです。

それにしてもANAの洋食ってお洒落過ぎませんか?

あのハーブ系、何とかならないもんですかね?

おしまい。

スポンサードリンク


flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com