読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケてる航空総合研究所

飛行機の乗り方、航空旅行の楽しみ方、マイルの使い方、貯め方、航空事故などなど、全部教えます。

スカイマークってLCCですか?という類の質問に明確に答えられる法則

LCC お話

運賃が安いからってLCCじゃない

僕、よく質問されるんです。

スカイマークってLCCなの?

って。この質問はホントによくされます。
ちなみに昨日は、

ソラシドエアってLCCですか?

と聞かれました。皆さんLCCかどうかの判定に結構悩んでおられるようで…

日本の国内線ってANAやJAL以外にも色んな航空会社(エアライン)が飛んでいて、一体どれがLCCでどれがLCCじゃないって判別するのは難しいですよね。もしかして「運賃が安いからLCCだ」なんて思っていませんか?

LCCはLow Cost Careerの略なので、確かに運賃が安い航空会社ってことになります。でも一概に「運賃が安いからLCCだ」ということにはなりません。運賃が安いことはLCCであるための必要条件にはなりますが、それだけでは十分ではないのです。ANAだってLCCよりも安い料金を打ってくることがあるからです。

カバン1つでどこでも行っちゃうような身軽な人ならばあまり気にする必要がないのですが、大きな荷物を持って旅行に行こうとしている人は、乗る航空会社がLCCか否かというのは大きな問題となります。

LCCならば手荷物を預けるのにもお金が掛かるからです。安く取ったはいいものの、当日空港で何千円もの手荷物受託手数料を取られてはLCCのメリットがなくなってしまいますからね。

そこで今回は、その航空会社がLCCかどうかを簡単に判別する方法をお教えしたいと思います。日本の航空会社に限った話ですが、簡単に判別できる法則があります。

そもそもLCCの定義って何?

法則を教える前に「LCCの定義」なるものがあればいいですよね。「この条件を満たしたらLCCです。」と基準のようなものです。

実は僕もよくわかっていません。そもそも世の中に定義があるかどうかも怪しいです。元々LCCというカテゴリーは曖昧なものなんですよ。

ただ、それらしいものはあります。例えば、

手荷物を預けるのが有料

というのはLCCであることの証みたいなものですよね。あとは、

座席のピッチが狭い

と言うのもあります。でも座席ピッチが狭くない「LCCもので難しいところです。(海外エアラインにあります。)

先に言ってしまいますが、スカイマークは機内でお水すら出ないですが、LCCではありません。これはスカイマーク自身が「うちはLCCではない」と宣言しているからです。このことが象徴しているように、その航空会社がLCCかどうかは、航空会社が「うちはLCCです」と宣言するかしないかにかかっているのではないでしょうか。

とりあえず答えを教えます

日本の航空会社でLCCなのは4つです。ピーチ、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本(スプリング・ジャパン/春秋ジャパン)です。
就航した順番に並べますと、


f:id:flyfromrjgg:20170203231610j:plain

ピーチのA320。


f:id:flyfromrjgg:20170203231612j:plain

ジェットスタージャパンのA320。


f:id:flyfromrjgg:20170203231614j:plain

バニラエアのA320。


f:id:flyfromrjgg:20170203231616j:plain

春秋航空日本のB737-800。

となります。

はい。これを覚えればおしまいです。

なんて言うのは冷たすぎるので、ちゃんと法則を教えますよ。

あっ、ついでに言っておきます。LCCの対義語をご存知でしょうか?LCCじゃない航空会社のことを何と呼ぶかです。

「フルサービスキャリア」とか「レガシーキャリア」なんて言い方をします。僕は前者の「フルサービスキャリア」の方をよく使います。後者の「レガシーキャリア」とうのは、そのエアラインをちょっと下げずんだ言い方に聞こえてしまいます。しかも古い航空会社のイメージがあります。

昔からある航空会社を「伝統ある」の意で「レガシーキャリア」って呼ぶのはわかるんですが、最近できたフルサービスの航空会社を「レガシーキャリア」と呼ぶのに抵抗があるんですよ。「レガシーなんてないじゃん」ってツッコミたくなります。なので特に意図がなければ僕はLCCの対義語として「フルサービスキャリア」という言葉を使います。

スミマセン、余談でした。

法則その1:ピーチの前か後か。

さて。皆さん、LCCかどうか判断に迷うということは、なんとなく色んな航空会社の名前は知っておられるんじゃないかと思います。第一のポイントはその名前をいつ頃から聞くようになったかということです。何となくの感覚でいいです。

スカイマークはうんと昔からありますよね。少なくとも10年くらい前からは聞きます(実際は20年前から存在している)。エアドゥ?これも結構昔からあります。それではピーチ?これは最近な気がします。バニラエア、これも最近ですよね。

そんな風に「何となく昔から聞くよなぁ」とか、「ここ数年の話だよなぁ」とか、そんな感覚があれば大体はわかります。

ここで質問。日本で一番初めにできたLCCって何だと思いますか?

ピーチです。

就航は2012年3月1日でした。ピーチが本邦初のLCCということになります。つまり、それ以前からある航空会社はLCCじゃないってことですよね。

そうなんです。スカイマークはうんと昔からありますのでLCCじゃありません。エアドゥもピーチよりも前からあるので同じです。

f:id:flyfromrjgg:20170203231615j:plain

スカイマークはLCCではありませんよ。


f:id:flyfromrjgg:20170203231618j:plain

エアドゥだってLCCではありません。

というわけで、日本の航空会社では、

ピーチより前からある航空会社はLCCではない。

と言い切ることができます。これが法則その1です。ピーチよりも前なら絶対にLCCではない、それ以降ならLCCの可能性が極めて高い、です。(ピーチ以降に設立された航空会社は全てLCCのはずです。)

法則その2:大手と提携しているか。

次はANAやJALと提携(コードシェア)しているかどうかを考えます。答えを先に言ってしまうと、

ANAやJALと提携(コードシェア)していたらLCCではない。

これが法則2です。

ANAやJALのWEBサイトから予約できる航空会社はLCCではありません。何故なら、手荷物等のサービス基準がフルサービスキャリア(LCC以外の航空会社)とLCCでは違うからです。うっかりANAとピーチが「通し」で買えてしまったらどうなるでしょう?ANAとピーチを乗り継ぐ空港で手荷物の料金を払って乗らなければいけないことになります。そんな変な話は聞いたことがありません。

WEBではなくても判別できます。大手2社のWEBや紙の時刻表に、どんな航空会社が載っているかを思い出してみましょう。ANAならば、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、IBEXエアラインズが載っています。JALならFDA(フジドリームエアラインズ)ですよね。つまり、今書いた、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、IBEX、FDAはLCCではないということになります。

(JALとジェットスタージャパンが提携していますが、成田からの国際線乗り継ぎのためのフライトのみに限り、国内線単独では乗れませんのでここでは除外します。)

f:id:flyfromrjgg:20170203231619j:plain

こちらはスターフライヤー。


f:id:flyfromrjgg:20170203231617j:plain

こちらはFDAです。

これでほとんどの航空会社が判別できるようになりました。

2つの法則ともに消去法ですが、消していくことで残ったのがLCCということになります。

「A320かB737のみで運航している」は絶対条件じゃない

よく飛行機に乗られる方の中には「A320かB737の1機材で運航していたらそれはLCCだ」と思っていらっしゃる方がいるかも知れません。でもそれは違います。非常にLCC臭いんですが、厳密に言うと違うんです。

例外があるんですよ。スカイマークとソラシドエアです。これらの航空会社はB737しか持っていませんので一瞬LCCに見えてしまいます。しかし法則1の「ピーチ以前からある」と、法則2の「ANAと提携している」というところではじかれますよね。

(ちなみにスターフライヤーもA320だけですが、大手よりも座席が広いので、LCCだと思う人はほとんどいません。)

違った切り口で見ると、スカイマークやソラシドエアはとても間違えやすいと言えます。スカイマークなんて安いイメージがありますので、皆さんLCCだと勘違いするんですが、今のところスカイマークはLCCというカテゴリーには入っていません。強いて言うなら「航空ベンチャー」というカテゴリーでしょうか?規制緩和で一番先にできた航空会社がスカイマークですから。

ソラシドエアも最近できたイメージがありますのでLCCと思われがちです。


f:id:flyfromrjgg:20170203231611j:plain

ソラシドエアがそういうイメージで捉えられてしまうのは、社名が変更されたからです。昔はSNA(スカイネットアジア航空)と言いました。ピーチよりも前からあります。なのでLCCではないですね。もちろんANAと提携しているのでそちらからもLCCではないということがわかります。

はい。ナローボディの単一機種だからと言って必ずしもLCCではないということが言いたかっただけです。補足の知識として持っておくときっと何かの役に立ちます。

プロペラ機だったらLCCじゃない

重箱の隅をつついてくる人がいると思うので一応書いておきます。DHC-8(ダッシュエイト)で運航するオリエンタルエアブリッジ(ORC)や、ATR42で運航する天草エア(AMX)はLCCではありません。プロペラ機で運航している日本の航空会社でLCCの航空会社はありませんので、勘違いのないようお願いします。

上には書きませんでしたが、実はオリエンタルエアブリッジはANAと、天草エアはJALと提携しています。時刻表にも載っています。上に書いた、スカイマークやエアドゥなどとは一線を画す、非常に限定的なリージョナルエアラインなのであえてこちらに書きました。

エアアジアジャパンはどうした?

重箱の隅ということでこちらも言っておきます。エアアジアジャパンは日本で3番目のLCCとして就航しましたが、途中でANAとエアアジア本社が離婚してバニラエアに転身しました。

f:id:flyfromrjgg:20170203231613j:plain

じゃあ今、復活しようとしているエアアジアジャパンは何かと言うと、全く新しいエアアジアジャパンです。エアアジア本社が新しい伴侶を探して楽天などとくっついたのが、今のエアアジアジャパンです。もちろんエアアジアジャパンは「旧」も「新」もLCCです。

これで自信を持って判別できる

どうでしょう?お分かりいただけましたでしょうか?まだ、重箱の隅に何か残っていそうですが、僕が解説したかったのは「大体そんな感じ」ってことですので、あまり隅をつつかないで下さいね。

まずは、ピーチよりも前かな?後かな?で判別します。これは感覚に頼る必要がありますのであまり精度が良くないかも知れません。

この法則で分からなければ大手と提携してるかな?で判別してみて下さい。こちらは予約するときや時刻表を見るときに必ず分かりますので確実です。提携していたらLCCではありません。(JALとジェットスターが一部路線で提携していますが国内線単独での予約はできません。)

これであなたも堂々と自信を持って「バニラエアはLCCです」、「エアドゥはLCCではありません」などと言えるようになりますよ。2つの法則に当てはめるだけで恐らくほぼ100%言い当てることができると思います。

それではご機嫌よう!

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com