イケてる航空総合研究所

飛行機の乗り方、航空旅行の楽しみ方、マイルの使い方、貯め方、航空事故などなど、全部教えます。

新千歳空港温泉は1,500円で丸っと一日くつろげる超大型有料ラウンジだ!

先日、新春初の「プライベート日帰り出張」と銘打って新千歳に行ってきました。出張のお題目は「新千歳空港のグルメの研究と温泉施設の快適性の検証」。な~んて言うと、ほら、ちゃんと仕事してるっぽいでしょ。今からちゃんとした記事を書こうとしてるんですから「単なるひとり遊びだろーが!」だなんて言わないで下さいね。

さて、普段僕は温泉に行きません。でも新千歳空港温泉には前々から行ってみたいと思っていました。そして帰ってきた今、とても気に入っています。また行きたいと思っています。何がそう思わせたのか。僕が体験した全てを書きたいと思います。

まずはスーパーラウンジで割引券をもらおう

新千歳空港温泉に行きたい方で、各種ゴールドカードをお持ちの方はまず3階にあるカードラウンジ「スーパーラウンジ」に行って下さい。そこに行くだけで新千歳空港温泉の入場料が400円も安くなります。通常1,500円のところが1,100円。これはお得ですね。

f:id:flyfromrjgg:20170103211539j:plain

この割引券がフロントに置いてありますのでゲットして下さい。ちなみに有効期限は2日後。束でもらって転売する、なんてことができないようになっています。良い子の皆さんは、もらった当日に新千歳空港温泉に行くわけですから関係ありませんね。また、スーパーラウンジを使用した本人しか使えない旨が書いてありますのでそこは注意して下さいね。

浴衣と裸足で過ごせる幸せ

新千歳空港温泉は4階にあります。シネマエリアやゲームセンター、航空マニアショップがある階です。4階まで行くと随分と都会の喧騒から離れ、混雑している年始の新千歳空港でもひっそりとしています。


f:id:flyfromrjgg:20170103211044j:plain

新千歳空港温泉はここです。すぐにわかります。


f:id:flyfromrjgg:20170103211045j:plain

中に入るとこんな雰囲気。土足禁止ですので入り口で靴を専用袋に入れて中に入りましょう。僕はそれを知らずに土足で踏み込んでしまい、いきなり女将さん風の怖い人に「お履物、お脱ぎ下さいと」と注意を受けました。

f:id:flyfromrjgg:20170103211046j:plain

フロントではお金を払うだけです。通常料金1,500円で全て込みです。お金を払うとメッシュのバッグとロッカーの鍵を渡されます。メッシュのバッグの中にはバスタオル、フェイスタオル、浴衣上下が入っています。

館内は浴衣(ズボンタイプか本当の浴衣か選べます)かつ裸足で過ごすことができます。これが本当に楽ちんなんですよね。僕自身、温泉施設にはあまり行ったことがないのですが、浴衣と裸足で過ごすことができる幸せをいきなり噛みしめました。

最初に断っておきますが、ここは温泉施設ですし、写真を撮っているのがあまり好ましくない場所ですので、以降の写真はほどほどにしておきます。

温泉は露天風呂もあります

さっそく温泉へ。全ての荷物は更衣室のロッカーに預けます。ロッカーは意外と狭いんですが、ダウンジャケットを含む全ての衣類、靴、ポーターのカバン(ビジネスサイズ)はなんとか入れることができました。それ以上大きい荷物がある場合は、貴重品を取り出してフロントのクロークに預けましょう。

温泉は室内と露天に分かれています。冬の露天風呂は極寒かな?と思いましたが、この日の最高気温は1℃とのことでしたので、そんなに寒くはありませんでした。飛行機は見えません。でも音は聞こえますよ。

露天も屋内もそんなに広くはありません。すごく混雑しているかな?とかなり恐れいていたのですが、年始(1月3日)の15時頃でもそんなに混雑していませんでした。下手な温泉付きのビジネスホテルの方がよっぽど混雑しています。

温泉は茶色です。さびみたいな色。泉質はどうなんでしょうね?ほとんど温泉には行かないので良く分かりません。お肌がツルツルする感じではなかったです。むしろ突っ張る感じがしました。

ボディソープ、シャンプー、コンディショナーは備え付けです。遠慮なく使いましょう。よくコンディショナーがなくてリンスインシャンプーで代替えされているところがありますが、そんなことはありません。3種類が独立しています。

その他サウナもあります。

僕、温泉に20分も入っていたら体調が悪くなるので、すぐに出ました。それよりもリラックススペースに興味があるんです。

ちなみに更衣室にはパンツやシャツ、ネクタイも売っています。

僕、お風呂に入る前にジンギスカンを食べたので、セーターからズボンから中のシャツまでとにかくジンギスカン臭かったんです。だからいっそのこと買っちゃおうかなと思いましたが、そこはもったいないと思いやめました。パンツとシャツで1,000円くらいです。どうしても同じものを着たくない場合は買うしかありません。空港内にはユニクロもあるのでそちらで手配していってもいいですね。


f:id:flyfromrjgg:20170103211047j:plain

お風呂を出たところにお水、ほうじ茶、煎茶、コーヒーが飲めるディスペンサーがあります。喉の渇きは無料で潤せますのでご安心ください。

リラックスルームにはフルラットベッド

僕が行ってみたかったのはリラックスルーム。温泉を出たらちょっと横になりたかったんですよね。僕は腰痛、足痛持ちで、ずっと歩いていたり立っていたりすると痛くて痛くてたまらなくなるんです。なので、休憩するための施設は本当にありがたいんです。横になって腰や足を休められるんですから。


f:id:flyfromrjgg:20170103211050j:plain

こんなところです。リラックスルームには女性専用と男女共同という2つの部屋に分かれていますので、女性にも安心です。

リクライニングシートになっており、フルフラットになります。ただ、頭の部分は若干上に上がっている気がします。

結構リラックスできます。でも意外と周りがうるさいです。わざと声を出して大あくびをするオヤジ、咳払いがうるさいオヤジ、グループで来てヒソヒソ話で盛り上がっている輩、甘い声で囁き合っているウザいカップルなど、意外と周囲が気になります。あと足音が非常に気になりました。まぁそこはどこまで許容できるかですよね。そもそも自分の家じゃないんですから。

f:id:flyfromrjgg:20170103211049j:plain

真後ろとか、真横とかに人が来ると急にパーソナルスペース感がなくなりますので注意です。最初僕はあまり人のいないエリアに陣取ったので静かだったんですが、真後ろに変な輩が来て、コソコソ話をしていたのでちょっとイライラしちゃいました。

まぁそれは時の運です。

ちなみにリラックスルーム以外に泊まるところもあって2名一室で1人5,000円です。これを書いている1月6日現在でとりあえず2月までは埋まっています。3月や4月もほとんど空いていません。リーズナブルで施設が充実しているとあれば、泊まりのニーズも生まれますよね。次は泊まってレポートしたいと思いますが、いつになることやら。

マッサージもあります

温泉施設ですから、マッサージもあります。施術の時間で値段は変わりますが、大体4,000~8,000円程度でタイ式、バリ式、中国式などがあります。今回は時間がなくて体験できませんでしたが、次回には是非ともやって帰りたいと思います。

休憩所とお食事処があるので一日過ごせる

お腹が減ったらご飯が食べられます。

f:id:flyfromrjgg:20170103211048j:plain

このテーブルの向こうには広いお座敷スペースがあります。

何でもあるレストランって言った感じです。海鮮から和食、洋食、中華、デザート、アルコール、ジュースなどなど、とりあえず揃っています。

f:id:flyfromrjgg:20170103211051j:plain

これがメニューの一部。ちょっとセンスがない感じがしますが、究極の北のグルメを求めなければそこそこのものが出てくるとは思います。

レストランなので注文せず座っていてもいいのかな?とちょっと不安でしたが、無料休憩所と書いてあったので何も注文せず居座りました。Wi-Fiが繋がるのでパソコン仕事も出来ます。(僕はそのWi-Fiに気付かずネットには接続していませんが…。)

休憩したければリラックススペースで、ちょっとテーブルを使って何かやりたければ無料休憩所でと目的に応じて場所を選べるのがここの素晴らしいところですよね。

この日は1月3日。お正月休み真っただ中でもそんなに混雑していませんでした。入口では混雑している旨が示されていましたが、入ってみると全然でした。2階のお土産屋さんは死ぬほど混雑しているのに、温泉の階は全然混雑していません。4階というちょっと分かりにくいところにあるからでしょうか?

まとめ

僕は新千歳空港温泉のことを単なるお風呂だと思っていました。でも行ってみたら大違い。新千歳空港温泉は単なる温泉じゃないんです。いわゆるスーパー銭湯って言うんですか?お風呂はむしろオマケで、風呂付き、レストラン付き、休憩所付きの巨大有料ラウンジって感じなんですよ。

割引なしで1,500は最初少し高いと感じるかも知れませんが、値段を上回る充実度ですので、行ってみると非常にコストパフォーマンスが高いと感じるはずです。

温泉好きの方、空港で遊びたい方には特におすすめです。是非とも行ってみて下さい。ハッキリ言って1,500円で一日過ごせます。朝から晩までいられます。それくらい寛げます。

空港内のラウンジで過ごすのもいいんですが、ラウンジはやはりちょっと気が張るんですよ。それに横になるスペースがほとんどありませんから、2時間くらいいると疲れてきてしまいます。

その点、温泉施設であれば浴衣と裸足で過ごせますから、リラックス感は極上級です。

はい。飛行機と空港をこよなく愛する男、いけてるこうくうは、新千歳空港温泉を自信を持ってお勧めします!

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com

flyfromrjgg.hatenablog.com