イケてる航空総合研究所

ビジネスクラス搭乗記、弾丸旅行のノウハウ、マイルの使い方、貯め方、航空事故の真相などなど。

エコノミークラス

日本一短い国際線「釜山=福岡」をエアプサンで飛ぶ。

わずか134マイルの国際線セントレアからのエアプサン初便に乗ってきまして、帰る先は福岡。名古屋(中部)=釜山は1日1便のため、そのままセントレアに戻ることは出来ません。なので、一番便数が多い福岡へ飛ぶことにしました。実はこれから乗る釜山=福岡、実…

韓国LCCエアプサンがセントレアに就航!【名古屋(中部)=釜山初便搭乗記】

日本5都市目の就航2018年6月21日、エアプサンがセントレアに就航しました。エアプサンはその名の通り韓国・釜山をベースとするLCC。ということで路線は名古屋(中部)=釜山です。この路線には既に大韓航空が就航していますので、エアプサンの乗り入れにより名…

大韓航空のCS300に乗りに行ったら、アブノーマルなフライトだらけだった韓国旅行まとめ

大韓航空のCS300を目的に韓国へ途中に色々と入ってしまいましたが、シリーズでお送りした韓国への弾丸旅行。目的は大韓航空に納入されたボンバルディアCS300でした。CS300には金浦からウルサン(蔚山)の単純往復で乗ってきました。この旅行のルーティングを以…

大韓航空A220-300に韓国国内線で乗った。【ソウル(金浦)=ウルサン(蔚山) 搭乗記】

アジア初のA220今回乗るのは大韓航空A220-300(当時はCS300)という旅客機。比較的小型の旅客機しか作って来なかったボンバルディアが、737クラスの旅客機に挑戦しようと作った機体ですね。737の最小型である-600/-700と競合する機種です。(エアバスがボンバル…

大韓航空のA380に乗りに行ったら台北桃園空港内で野宿する羽目になったけど777-300ERにも乗れてよかった弾丸旅行まとめ

A380乗り潰し計画の一環として2017年12月に行った台北。目的は大韓航空のA380ビジネスクラスに乗ることでした。仁川=台北という短距離路線にA380が投入されたタイミングを狙って、デルタ航空のマイルを使って行きました。1泊なのに1日だけで行けるように、…

大韓航空の新型機CシリーズCS300に乗りに行ったらトラブル続出で帰国できなくなりました。

日帰りで韓国へ今日(2018年1月25日)ですね、大韓航空に就航したボンバルディアの新しい飛行機CシリーズのCS300(現在はエアバス傘下になりA220に改称)という飛行機に乗りに行ったんですけれども、日帰りで帰る予定が帰れなくなり、今金浦(キンポ)に足止めされ…

エコノミークラスのシートピッチなんていちいち気にすんな【エコノミークラスを快適にするシート選びのコツ】

そう言えばシートピッチを気にしたことがないこのシートピッチ、なんか広くないですか?(シートピッチとは座席前後の間隔のこと) ANAダッシュエイトQ400のシートピッチです。僕、これまで飛行機のシートピッチというものに感覚的なものしかもっておらず、い…

本音直球勝負で語る春秋航空【機内食は食べるな】

2016年5月3日のこと。上海からは春秋航空で名古屋に帰ります。往路では春秋航空を使いましたが、復路でも春秋航空を使います。この時の運賃は往復で約1万円。上海を1万円で往復できる時代が来たというのは10年前には考えられなかったことですよね。はっきり…

中国国内線でインボラアップグレード【ブッキングクラスSなのになぜ?】

上海-武漢はエコノミークラスを手配場所は上海浦東空港ターミナル1。これから僕は武漢へ飛びます。武漢から先、広州まで中国南方航空の787に乗るための乗り継ぎ便です。乗るのは中国東方航空。「本命の区間じゃないし、2時間弱のフライトだから」とデルタ航…

春秋航空搭乗記【名古屋(中部)-上海(浦東)】

日本でも勢力拡大中の春秋航空これから春秋航空の上海行きに乗ります。その前に中国初のLCC春秋航空について少し語らせて下さい。春秋航空の名古屋(中部)線は凄いです。2015年6月に初めて路線を開設して以来、もの凄いスピードで路線拡大をしています。これ…

春秋航空のセントレア発朝一の便に乗ってみた【名古屋/中部-上海/浦東】

名古屋発の国際線の中でダントツ早い便「名古屋セントレア発、朝一の便」と言えば、中国LCCの春秋航空上海行き9C8602便。実際にはデイリー運航ではないため、毎日、春秋航空が朝一の便だとは言えませんが、運航のある日はセントレアのトップバッターとして離…

中国初の国産ジェット旅客機「ARJ21」搭乗記【MRJのライバルになる日は来るのか】

成都航空での初就航から1ヶ月半2016年6月28日、中国初の国産リージョナルジェット機ARJ21-700(以降、必要ない限りARJと略)が悲願の就航を果たしました。運航したのは成都航空という四川省成都を拠点とする航空会社、路線は成都から上海でした。 就航当初から…